>> TOPへ

無料のタロット占いで幸せな恋愛や結婚へ導きます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い

▼きつねのタロット占いの関連情報

タロット占い 姓名判断 易占い 奇門遁甲 ルーン占い タロットセラピー きつねの占い館 更新情報


タロット占い > タロット占い初級講座 > タロット占いの手順と方法
.

タロット占いの手順と流れ

ここでは、実際にタロット占いを進めていく時の手順について解説していきます。 この占いの手順だけが全てではないので、タロット占い基本を学びながら、自分自身の占いのスタイルを身につけて行きましょう。 占いをスムーズに進めていけるように反復練習を心掛けましょう。 占いの流れなどが良く分からない場合や、これからタロット占いを勉強しようとしているために基本的な手順と流れを解説しています。


タロット占いの手順と流れ


タロット占いの準備と流れ

タロット占いの準備と流れ

実際に占う前には、気持ちと時間に余裕を持ち、肩の力を抜くようにしましょう。 これは占いをする時にも、占いをしてもらう時にも、タロット占いを勉強をする時にも当てはまることになります。 気負っても占い結果が良くなる訳では無いため、落ち着いて占いに臨むようにしましょう。


心が落ち着いてきたら準備完了です。 ここで初めて占う内容を思い描くようにしてください。 占う内容に合わせ、どのスプレッドで占うのかを予め決めます。 また、何を占うのかをはっきりと整理させてください。 カードが展開されてから、都合よく占う内容を変えないことが重要になります。


タロット占いの手順と流れ

タロット占いの手順と流れ


タロット占いの準備と流れ
シャッフルの手順

シャッフルの手順

タロット占いの準備が整ったら、シャッフルとカットにある2番のシャッフルをしていきます。 ある程度シャッフルし、占う内容のイメージが出来たら、カードをテーブルに並べ、1番のシャッフルをしていきましょう。 この時も、占う内容を明確にイメージしながら、ぐるぐるとタロットカードをシャッフルしてください。


未来(現在)の事を占う場合には、時計回りに回すのが基本中の基本になります。 占う相手が居る時には、相手にもカードをシャッフルしてもらうのも良いでしょう。 ぐるぐると回すシャッフルが終わり次第、一つの束にカードをまとめていきます。 タロットカードが一つの束にまとまったら、1番のシャッフルをしてカードのシャッフルは完了します。


シャッフルの手順
カットの手順

カットの手順

タロットカードのシャッフルが終わりましたら、次はカードをカットしていきます。 この時、占う相手が居るのであれば、同じようにカードをカットしてもらいましょう。 タロットカードを他人に触られたくない人の場合には、自分でカットをすることもあります。


依頼者が目の前に居る場合には、依頼者にカードをカットしてもらうだけでも十分です。 カードのカットが終われば、次はカードの展開になるので、テーブルの端に移動させておきましょう。 タロットカードのカットは、基本左手でやることが大事であり、カット後に戻す場合には左右どちらの手でも問題ありません。


占いのカットの手順
カードの展開の手順

カードの展開の手順

タロットカードのシャッフルとカットが終わったら、予め決めておいたスプレッド(展開法)に従い、カードを展開していきます。 上から1枚1枚、カードを順に出しながら展開させていきます。 カードが、所定の展開法の配置になったら展開完了になります。 スプレッドに合わせて、カードのリーディング(解釈)をしていきましょう。 この流れがタロット占いの基本の流れになります。


大切なのは、展開された最初の1枚のカードから最後の1枚のカードまで、全てのカードに意味が含まれている事です。 それらのカードが関連して、1つのタロット占いの結果を表していることを忘れないようにしてください。 最終結果だけが占いの結果ではないことを忘れないようにしましょう。 カードを展開させる際に上から数枚のカードや、途中の数枚のタロットカードは使わずに伏せておく事もあります。


カードの展開の手順
占い時に相手が居る場合

占い時に相手が居る場合

タロット占いで占う相手(依頼者)が居る場合には、占われる相手(依頼者)から見て、「正位置・逆位置」を取るようにしてください。 自分から見た場合には、カードは「正位置・逆位置」が反対になるので気をつけましょう。 これは解釈する時にも当てはまります。 カードのシャッフルやカットの時にも、カードの天地の向きが入れ替わるので注意が必要です。 タロット占いの展開法も、上下左右が反対になるので注意してカードを展開していきましょう。 慣れるまでは、自分の向きに展開させて解釈していく手法でも問題はありません。


占い時に相手が居る場合
タロット占いの重要なポイント

タロット占いの重要なポイント

タロット占いには色々な占い方があります。 本や人、流派により様々なものがあるので、どれが正しいかは決められません。 自分自身とカードが一番手に馴染む方法を取るようにしてください。 占いの手順には下記のような様々な違いが存在しています。


カードのシャッフルにしても、2番のシャッフルをしない場合や持ち方が違う場合。 3番のカードのシャッフルを使う場合。 カット時に、カードの山をを3つ以上に分ける場合や、カードをカットをしない場合。 カードを上から順に出さず、何枚かごとに出す場合。 カードの表裏をめくらずに展開し、リーディングしながらめくっていく場合。 そしてこれらの幾多の組み合わせなどなど。


これらの手順のうち、どれが正しいというのはありません。 また、自分自身のの占い方が正しいと変な思い込みをするのも避けましょう。 極論からすると、当たる手順がその人にとって正しい手順になります。 その時の状況や依頼者からの依頼内容などで、上記を様々に組み合わせて対応していくのも問題はありません。 色々な手順を取り入れて独自のタロット占いのスタンスを確立させていきましょう。


タロット占いの重要なポイント
占いの手順と流れの補足

占いの手順と流れの補足

人それぞれにも、色々な性格の人が居る様に、カードにも様々なものがあり、それぞれのカードを使うために、タロット占いでは実に様々な占い方が存在しています。 タロット占いには、どれが正しいというものはなく、自分が当たると思う手順や解釈の仕方が大事になります。 自分自身に合った占いの仕方を研究して下さい。


また、「これが正しい」と人に押し付けないよう十分注意しましょう。 カードの種類によって解釈が異なるように、タロット占いも人によって合う合わないが異なります。 余裕を持って占い、的中率が高い人ほど些細な事にこだわらずに占っています。 占いの手順は「これが正しい」と言う人には十分気を付けましょう。


占いの手順と流れの補足
広告枠

.