>> TOPへ

無料のタロット占いで幸せな恋愛や結婚へ導きます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い

▼きつねのタロット占いの関連情報

タロット占い 姓名判断 易占い 奇門遁甲 ルーン占い タロットセラピー きつねの占い館 更新情報


タロット占い > タロット占い初級講座 > タロット占いの基礎知識
.

基礎知識について

ここでは、タロット占いの基礎的な知識とタロット占いの構成の基本などを解説しています。 タロット占いの基本的な用語解説や意味の解説などは確実に覚えておきましょう。 タロット占いの基本を、ある程度覚えてきたら、再度この内容を見直してください。 初心や基本的な事項を忘れると占いが適切に活用できなくなります。


基礎知識について


大アルカナ

大アルカナ

タロット占いで使用するタロットカードの「大アルカナ」は、1の「魔術師」から、21の「世界」、0の「愚者」の22枚のカードで構成されています。 タロット占いをしていく上では、この大アルカナは基本のカードになるので確実に覚えておくようにしてください。 この大アルカナ22枚のカードだけでも、十分タロット占いが出来るほどの重要なカードになります。


「大アルカナ」は、人の人生の一連の流れを表すものとされ、全体的な状況や運勢が絡んでくることを表しています。 タロット占いをする際にこの大アルカナが出現してくる際には、そこを注視してカードの意味の解釈を進めて行きます。


大アルカナ

大アルカナ


▼大アルカナ

魔術師 恋人 運命の輪 星 世界


大アルカナ
小アルカナ

小アルカナ

タロット占いで使用するタロットカードの「小アルカナ」は、4つのスート(ワンド、カップ、ソード、ペンタクル)から構成されています。 各スートは、A~10までの10枚のカードと、「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚のカードの、合計14枚で構成されています。 小アルカナの各スートは、それぞれのスートで基本となる背景があり、その背景を理解しておくことでカードの意味の解釈がしやすくなります。


小アルカナのワンドのカードは、人間関係や環境、日々の生活などを表すカードになります。 また、カップのカードは、人間の心理状況や感情を表し、ソードのカードは、問題や障害、苦労や失敗を表します。 ペンタクルのカードは仕事や経済状況、技術や才能を表すカードになります。 このようなタロット占いの基本的な部分を覚えておくだけでも、タロットカードの小アルカナを学習するときに役立つでしょう。


▼小アルカナ

ワンドの10 カップの9 ソードの4 ペンタクルのA ワンドの王


小アルカナ
カードの正位置と逆位置

カードの正位置と逆位置

タロットカードの絵柄が、正面から正しく表示される方向が「正位置」になります。 逆にカードがひっくり返ったような表示になるのが「逆位置」になります。 基本的に、「逆位置は正位置の意味の反対」を表しますが、正位置も逆位置も同じ意味になることや、反対というわけではないカードも多々あります。 また、「正位置が良い意味」「逆位置が悪い意味」という訳ではありませんので間違えて覚えないようにしてください。


タロット占いにおけるタロットカードの正位置と逆位置の関係は、そのカードの意味が純粋に表れるか否かという背景を持ちます。 カードの逆位置の意味は、「正位置に及ばない、もしくは行き過ぎる」という考え方で捉えておくのも良いでしょう。(一部除く) カードは逆位置で出現しても、正位置の意味合いを持つことになり、正位置で出現しても逆位置の意味合いを持つことになります。


▼タロットカードの正位置

節制 星 ワンドの6 カップの10 ペンタクルの3


▼タロットカードの逆位置

死神 塔 カップの6 ソードの3 ペンタクルの5


カードの正位置と逆位置
リーディング

リーディング

タロット占いでは、展開されたタロットカードから、占い結果を導き出すことをリーディングといいます。 タロット占いの一番大事なところですが、ただカードの意味を理解しているだけでは結果も漠然としたものになってしまいます。 その質問内容の状況に合わせ、話を展開させていくことが大事なポイントになります。 展開されたカードを純粋な心で読み解くようにしてください。


このタロット占いでのリーディングをする時、自分の都合や情を入れてカードの意味を解釈しないことが非常に重要になります。 複数枚のカードで占うときには、カード1枚1枚の意味も大事ですが、全体のバランスや各カード同士のの影響も見て行きます。 絵画を点で見るのではなく、面で見るのと同じ感じ感覚でタロット占いを進めていくことが大事になります。


リーディング
占う期間

占う期間

タロット占いで毎日の運勢を占うなら、毎日占うのも良いですが、「ある状況」を占う時には、占い結果は1~3ヶ月、時には半年後くらい先の未来を映し出します。 こういったものを占う時には毎日占っても意味がありません。 再度同じ内容を占うのであれば、基本的に結果が現れる1~3ヶ月後を目安に占いましょう。 また、状況に変化を感じた時や、自分で状況を変えた時なども、タロット占いで占う目安の一つになります。


タロット占いで同じ事柄を再度占う前に、前回の占い結果を思い出し、今回の占い結果とどのように変わっているのかを確認するのが重要になります。 あまり占いを繰り返すと、次第に占い結果に矛盾が生じ、結果が当たらくなると感じてしまうた注意してください。 占いに依存してしまうと、カードが拒否反応を示してしまうことや、答えを出してくれなくなるようになります。


占う期間
自分の事を占う時

自分の事を占う時

タロット占いを勉強したいと思う人は、「自分自身の事を占ってみたいから」という理由の人がほとんどになります。 しかし、一般的には「自分のことは占ってはいけない。」とか、「自分のことを占っても当たらない。」と言われています。


なぜでしょうか?
簡単に説明すると、タロット占いなどで自分のことを占う時には欲が出てしまったり、結果を自分の都合よく解釈してしまったりするからです。 この事が実感できるようになれば、一人前の占い師として活躍できるほどの力量を持つことになります。 不安や悩み、悲観的な気持ちがカードに表れてしまうことも少なくありません。


また、タロット占いをし過ぎて依存してしまうこともありますので注意してください。 色々な占いを経験し、その過程で真実を見つけられと、一人前の占い師になれます。 自分自身のことを占う際に、欲や情を抱かないことや、抱くような内容を占わないようにすることが大事になります。 実際にタロット占いなどをするプロの人でも、自分のことを占う際には人に依頼することは少なくありません。


自分の事を占う時
基礎知識についての補足

基礎知識についての補足

ここでの内容やタロット占い初級講座の内容は、タロット占いの基本的な事ばかりなります。 しかし、タロット占いをより深く勉強し、実用的なものにしていくためには、非常に役立つ情報が多く含まれていることでしょう。 占いの勉強を進めながら、この内容を定期的に見直し、常に自分自身の知識や姿勢を確認していくことが大事になります。 カードの正位置逆位置の読み方や、カードの意味の解釈の仕方などは非常に大事な考え方になります。 タロット占いをした結果が当たらないと感じた時には、この内容がヒントになるでしょう。


基礎知識についての補足
広告枠

.