>> TOPへ

無料のタロット占いで幸せな恋愛や結婚へ導きます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い

▼きつねのタロット占いの関連情報

タロット占い 姓名判断 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


タロット占い > タロット占い中級講座 > タロット占い中級講座
.

タロット占い中級講座

タロット占い中級講座は、初級講座が一通り理解できた後、より解釈を深めて幅を広げるための内容になります。 実際にタロットカードをリーディングしていく際に非常に大事な考え方にもなり、占いをする際の基本事項になります。 展開されたカードを個々に読むだけの占いでは、解釈にも限界があり、目に見えないことや未来を占うことも難しくなります。


タロット占いで未来予想をする際には、個々のカードを読むだけではなく、個々のカードの背景や他のカードとの関連性、具体的なイメージを起こす作業などが重要になります。 また、展開されているカード同士の関連性や繋がり、偏り具合などを考慮することも解釈を深めるうえで大事な要素となります。 様々な視点から展開されたカードを読むという手法を、ここでのタロット占い中級講座で解説しています。


このタロット占いの中級講座の考え方や知識が理解できれば、無料占いを非常に有効的に活用することができるようになります。 実際に自分自身で占いをする際も、カードのリーディングや未来予想をする能力が飛躍的に向上するでしょう。


タロット占い中級講座


タロットカードの読み方の基本

タロットカードの読み方の基本

タロット占いで展開されたカードを解釈して読む方法の解説になります。 占い解説で紹介してあるカードの個々の意味をただ読むだけでは、実際にタロット占いをして解釈をする際に限界が生じてしまいます。 展開されたカードをより深く読むための考え方や、中級講座を学ぶ際の重要かつ基本的な事柄の説明になります。


タロット占い中級講座

タロット占い中級講座


タロットカードの読み方の基本
タロットカードの構成の基本

タロットカードの構成の基本

タロット占いで使用するタロットカードは、基本的には78枚で1デッキとなります。 このカードのデッキの構成と、それぞれの役割、関連性や読む際の手掛かりなどを、より深い視点で解説しています。 構成されているカードのデッキの意味を的確に把握してから、カードを手にして占いをするようにしましょう。


タロットカードの構成の基本
大アルカナ

大アルカナ

タロット占いの大アルカナの全体のつながりの意味や詳細と考え方になります。 愚者のカードから世界のカードまでの順番や、前後のカードの繋がりなどにも重要な意味が隠されています。 ここでは、タロット占いにおける大アルカナの意味と理解を深め、実際の占い結果の解釈に深みと味を出すために、必要な考え方や知識を紹介し解説しています。


大アルカナ
大アルカナの意味との背景

大アルカナの意味との背景

タロット占いにおける大アルカナ全体のつながりと解釈の仕方や意味などをのまとめと背景になります。 大アルカナの背景とは、物質界から幽現界に達し、幽界から霊界、そして神界に達するまでの過程や背景になります。 それぞれのカードがどのような背景を持つのかを理解することは、タロット占いにおける大アルカナの解釈をする際に非常に有効的な考え方になります。


大アルカナの意味との背景
大アルカナの考え方

大アルカナの考え方

タロットカードのデッキには、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナが存在しますが、タロット占いをする際には、それぞれの意味合いを的確に捉えることが大事になります。 その中でも大アルカナというものをどのように捉え、どのように考えて占いをしていくかを解説しています。 また、タロット占いでは、大アルカナの考え方を理解することにより、小アルカナの考え方をより捉えやすくなります。


大アルカナの考え方
小アルカナの考え方

小アルカナの考え方

タロットカードのデッキ中の小アルカナ56枚の考え方や意味と解説の詳細になります。 タロット占いの中での小アルカナは、全部で56枚になりますが、大アルカナと比べて枚数が多いからと苦手意識を持つ人も多くいます。 考え方を間違えると、カードを読む際に小アルカナが足を引っ張ってしまうこともあるので注意しましょう。 タロット占いでは、大アルカナと小アルカナは、表す背景などは違うものの、読み方や占いを進めて行く手順はまったく同じものになります。


小アルカナの考え方
大アルカナの解釈の基本

大アルカナの解釈の基本

タロット占いをする際に大事になる、大アルカナ22枚の解釈の基本となる部分の解説と具体例になります。 大アルカナの位置付けや大アルカナの全体像、占い結果の解釈をする際に考慮すべきことなどをまとめてあります。 占いをする際や大アルカナの事を考える際には、覚えておくことが大事になる基本概念になります。


大アルカナの解釈の基本
大アルカナの解釈の手法

大アルカナの解釈の手法

タロットカード78枚を全て使ったタロット占いでは、大アルカナの出現は解釈をする際に大事な点になります。 展開されたカード全体の中で、その大アルカナがどのような意味を持つのか、どのように捉えて解釈していくのかの手順を解説しています。 大アルカナ22枚の個々のカードの根本となる、原点の意味の解説や解釈の仕方の詳細にもなります。


大アルカナの解釈の手法
小アルカナの解釈の基本

小アルカナの解釈の基本

タロット占いをする際に、展開されるタロットカードの大多数を占めるのが56枚の小アルカナとなり、その基本的な意味や解釈の基本を捉えておくことが大事になります。 78枚のタロットカード(フルデッキ)を用いることで、展開されるカードにメリハリが生まれ、占い結果の解釈がよりしやすくなります。 22枚の大アルカナのカードだけの占いでは、展開されるカードが平坦になるため、56枚の小アルカナを含めた方がより詳細な内容を読みやすくなります。


小アルカナの解釈の基本
ワンドの意味と解釈法

ワンドの意味と解釈法

タロット占いにおけるワンドのスートの意味や、どのように解釈していくのかを解説しています。 カード個々の意味だけではなく、ワンドのスートの持つ意味や位置づけ、展開されたカードの中での意味合いなどを掘り下げることが重要になります。 ワンドのカードは、人間関係や身近な環境、平和な状況などを背景に持ちます。


ワンドの意味と解釈法
カップの意味と解釈法

カップの意味と解釈法

タロット占いにおけるカップのスートの意味や、どのように解釈していくのかを解説しています。 カップのスートは質問内容により、その意味合いが大きく変わってくることがあるのがここでの特徴でもあります。 展開されたカードの意味だけではなく、その背景や前後の考え方を知ることが、占い結果の解釈の幅を広げ、結果を的確なものにする近道でもあります。


カップの意味と解釈法
ソードの解釈法

ソードの解釈法

タロット占いにおけるソードのスートの意味や、どのように解釈していくのかを解説しています。 ソードのスートの意味を解釈するのは非常に難しく、ソードのスートの読み方が適切に出来るかどうかで、占い結果の解釈が大きく変わることにもなります。 このソードのスートは問題や障害、危険な状況などを背景に持つことになります。


ソードの解釈法
ペンタクルの解釈法

ペンタクルの解釈法

タロット占いにおけるペンタクルのスートの意味や、どのように解釈していくのかを解説しています。 ペンタクルのスートも質問内容により、大きく解釈の仕方や意味が変わってくるのがここでの特徴になります。 純粋にカードの意味を読むばかりではなく、背景や心情などを読む際には、各スートの持つ意味合いを理解しておくことが大切なことになります。


ペンタクルの解釈法
コートカード解釈法

コートカード解釈法

ここでは、タロット占いの中で56枚の小アルカナのそれぞれのスートに存在する、各4枚計16枚のコートカードの意味と解釈法の解説になります。 コートカードは「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚があり、「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル」の4つのスートで、合計16枚存在ます。 このコートカードの的確な解釈の仕方や考え方を理解することは、小アルカナを使用して占いをする際には大事になります。


コートカード解釈法
正位置と逆位置の解釈法

正位置と逆位置の解釈法

タロット占いにおける、カードの正位置と逆位置の正しい読み方や考え方になります。 展開されたカードが、正位置だから良い、逆位置だから悪い、というような安易な解釈をしないように注意しましょう。 タロットカードの正位置逆位置を正しく理解し、カードが読めるようになると、占いで未来の状況や対策などが手に取るように分かります。


正位置と逆位置の解釈法
タロットカードの意味・中級編

タロットカードの意味・中級編

タロット占いの中級講座の知識を踏まえ、改めてカードの個々の意味を見直してみましょう。 これまでカードの意味を単体で捉えていたものが、より深く立体的な意味合いを持つようになっていきます。 平面であったカードが、前後の意味合いや大アルカナ、小アルカナやスートの意味合いを考慮することで、次第に立体的なものに変わっていきます。 また、立体的にカードを解釈できるようになると、タロット占いを中級者として向き合うことができるようになります。


タロットカードの意味・中級編
広告枠

.