>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚をあなたに届けます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い

▼きつねのタロット占いの関連情報

タロット占い 姓名判断 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


タロット占い > タロット占い初級講座 > タロット占いについて
.

タロット占いについて

ここでは、タロット占いの全体像や世界観についての解説になります。 タロット占いの基礎的な知識とタロットカードの意味や構成などを学んでいきます。 タロット占いの成り立ちと背景を覚えることで、基本的な部分が理解しやすくなります。 タロット占いをする際には、必ず覚えておきたい基本的な背景や事柄になっています。


タロット占いについて

タロット占いの起源と歴史

タロット占いの起源と歴史

占いに興味がある人であれば、ほとんどの人が「タロット占い」という言葉は聞いた事があるでしょう。 西洋占星術と並んで、西洋系の占いでは、最もポピュラーでスタンダードな占いになるのがタロット占いでもあります。 一般的には78枚のタロットカードを使って占うのが、「タロット占い」になります。 タロットカードは、「大アルカナ」と呼ばれている22枚のタロットカードと、「小アルカナ」と呼ばれている56枚のタロットカードで構成されています。


実際にこのようなタロットカードが登場した起源や歴史は、謎に包まれている部分が多いようです。 詳しいことまで追求すると際限がなくなってしまうので、興味がある方は各自で色々な歴史と起源を調べてみてください。 現代のタロット占いで使うタロットカードは、概ね「14~15世紀のイタリアで広まった。」と覚えておきましょう。 「古代エジプトが発祥の可能性もある。」と言う研究結果があるのも覚えておけば問題ないでしょう。


タロット占い(カード占い)の起源は古代エジプトの可能性があり、現代のタロットカードの原型が固まったのが、14世紀ごろのイタリアという感じで考えておけば問題はありません。 また、タロット占いは卜術の体系にもなり、卜術自体は紀元前数千年前から存在していたため、卜術の考え方自体は非常に古いものと考えても良いでしょう。


タロット占いの起源と歴史
ここでのタロット占いの基本事項

ここでのタロット占いの基本事項

きつねのタロット占いでは、ウェイト版のタロットカードの意味を基に解説しています。 タロットカードには様々な種類があり、絵柄なども様々なものがあります。 注意点としては、タロットカードの種類や絵柄によって、解釈の仕方が変わってくる場合があるということになります。 タロット占いの基本は、展開されたタロットカードの絵柄から質問の答えを読み解くという事になるため、絵柄がタロットカードの意味の解釈の鍵を握ります。


ウェイト版のタロットカードなら問題ありませんが、他のタロットカードを使う場合には、そのタロットカードの解説書を参考にしてください。 タロット占いの基本的な占い方や、解釈の仕方、展開のさせ方などは大抵どのタロットカードも同じになります。 当サイトでタロット占いを勉強した後に、そのタロットカードの使い方などを解説書で確認してみる程度で十分でしょう。 どのようなタロットカードを使用しても、タロット占いをする手順や考え方などは概ね同じものになります。


ここでのタロット占いの基本事項
タロットカードの構成の詳細

タロットカードの構成の詳細

タロットカードには、「大アルカナ」と呼ばれる22枚のタロットカードと、「小アルカナ」と呼ばれる56枚のタロットカードがあります。 合計78枚で1デッキとなるのが一般的なタロットカードになります。 「大アルカナ」と言うのは、一般で良く知られているような「魔術師」「恋人」「世界」などのタロットカード22枚になります。 「小アルカナ」と言うのは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル」の4種各14枚のタロットカードで構成されています。


大アルカナはタロット占いをする際の主要な部分でもあり、小アルカナはタロット占いをする際には日常的な事を表す部分になります。 小アルカナのワンドのアルカナのことを、「火のアルカナ」と呼ぶこともあります。 同じように「カップは水のアルカナ」、「ソードは風のアルカナ」、「ペンタクルは地のアルカナ」と呼ばれることがあります。 また、小アルカナはAから10までの数字のタロットカード10枚と、4枚の人物のタロットカードで構成されています。


タロットカード78枚を一度に覚えようと思っても、簡単には覚えることはできないでしょう。 最初は大アルカナの22枚を用いてタロット占いについて学び、タロット占いと触れ合うことが大事になります。 大アルカナでタロット占いができるようになれば、自然に小アルカナのタロットカードを受け入れられるようになるでしょう。


タロットカードの構成の詳細
タロットカードのキーワード

タロットカードのキーワード

各タロットカードには、そのタロットカードのテーマが定められて絵が描かれています。 このテーマ(キーワード)と、タロットカードの絵柄を組み合わせて覚えていくことが、タロット占いの上達への近道になるでしょう。 各タロットカードのキーワードから、そのタロットカードの意味と内容を膨らませていくように覚えるようにしてください。 実際にタロットカードを手に取り、タロットカードの絵柄を見ながら意味と内容覚えていければ、タロット占いの応用力も自然に身につきます。


タロットカードのキーワード
タロット占いについての補足

タロット占いについての補足

この内容やタロット占い初級講座の内容は、タロット占いの基本的な事ばかりになります。 しかし、タロット占いを勉強していく上で、非常に役立つ情報が多くなります。 タロット占いを勉強を進めながら、定期的にこの内容を見直してみてください。


当たり前と思うような内容の中に、非常に大事なヒントや真実が隠されていることがあります。 タロット占いを習得するのは長い道のりですが、タロット占いの基本の知識にこそ、大事な答えが隠されていることは少なくありません。


タロット占いについての補足
きつねのタロット占い
誰でもわかるタロット占い

誰でもわかるタロット占い

タロット占いとは、78枚のタロットカードを用いて未来や目に見えないものを読み解く占いになります。 タロットカードと、その場の気の流れから未来に起こるであろう状況を読み解くことや、相手の気持ちや深層心理を知ることができます。 質問内容に対して、展開されたタロットカードから答えやアドバイスを受け取るというのがタロット占いの基本的な考え方になります。 大アルカナの22枚のみで行うタロット占いや、小アルカナ56枚のみで行うタロット占いなどもあります。 タロットカードのデッキによっては、78枚ではない場合や大アルカナや小アルカナの構成や名称が一部異なる場合もあります。

タロット占いは78枚のタロットカードをシャッフルし、カットなどをしながら準備を整えて行きます。 タロットで知りたい事や悩み事などを明確にし、準備されたタロットカードを型に合せて展開していきます。 展開されたタロットカードが質問への答えになり、タロットカードの絵柄や色合いなどを手掛かりに具体的な結果や未来を解き明かしていきます。 タロット占いの仕方には実に様々な手法がありますが、どの手法においても、タロットカードの解釈が適切に出来るかどうかが最終的には大事になります。 色々な手法を実際に試しながら、自然と馴染むタロット占いの仕方を採用していけると良いでしょう。

タロットカードの意味の基本は、タロットカードに描かれている絵柄を元に活字に起こしているものになります。 本来のタロットカードの意味というものは、描かれている絵柄そのものにあることを忘れないようにしてください。 その絵が表現していること、意図していることや色合い、タロットカードの数字や名前などに意味やヒントが隠されていることもあります。 タロットカードの意味に関しては、活字を覚えるだけにならないように気を付けましょう。 また、タロットカードの意味に関しては、占い師や本によって実に様々なものがあります。 絵画を見る人によってさまざまな印象や好みがあるように、解釈する際の意味の取り方や考え方が異なるからになります。 自分自身がタロットカードからどのような印象を受け取るのかを大事にしてみましょう。

タロットカードの解釈の仕方は、簡単なようで非常に難しい内容となります。 慣れるまでは展開されたタロットカード全体がどのような印象になるのかを大事にし、個々のタロットカードの印象を合せて解釈してください。 活字によるタロットカードの意味に関しては、解釈の参考にすることはできますが、そこにとらわれ過ぎないことが大事になります。 単調な活字ではなく、タロットカードの絵柄や活字から、質問内容や未来、人の深層心理をイメージ化していくことが大事になります。 実際にタロットカードの解釈を何度も繰り返し行うことにより、タロットカードの解釈の仕方が理解でき、身に付くものになります。 実際に経験して繰り返していかないことには上達しない部分になります。

大アルカナのタロットカードは22枚になり、0:愚者、1:魔術師~20:審判、21:世界という順に並んでいます。 大アルカナの基本的な考え方は、人生においての大事な節目を表しているという事や、壮大なストーリーが背景にあるという点が大事になります。 大アルカナの一連の流れを適切に捉えておく事、タロットカードの解釈などに反映していくことでより深い解釈ができ、詳細な未来が予知できるようになります。 小アルカナと併せ、78枚のタロットカードで占う際には、この大アルカナの出現に関しては注視しておくようにしましょう。 大アルカナは小アルカナと違い、全てのタロットカードで名称が変わりますので、名称や順番についてはしっかりと把握しておきましょう。

小アルカナのタロットカードは56枚になり、ワンド・カップ・ソード・ペンタクルの4つのスート各14枚から構成されています。 また、各スートは、Aから10までの10枚の数字のカードと、王・女王・騎士・王子の4枚の系14枚の構成になります。 小アルカナは普段の日常の出来事などを表し、スートそれぞれに意味する内容や背景が異なるものとなります。 大アルカナと併せて78枚のタロットカードで占うことで、人生の節目か日常的なことか、どのような背景があるのかを詳細に占うことができるようになります。 小アルカナは56枚と枚数は多くなりますが、大アルカナがある程度理解でき、各スートや構成の考え方が分かれば、理解しやすい内容でもあります。

タロット占いの未来に関しては、一般的には3ヶ月くらい先を表しているという解釈の仕方があります。 長くても半年~1年くらいという未来を見ることができるのがタロット占いになりますが、場合によっては数年後や将来の事、人生全般のことを占うことなどもできます。 期間が長くなれば長くなるほど、タロットカードに現れてくることが抽象的になることや、全体的な背景などが希薄になってしまうこともあります。 しかし、占い焦点を明確にして占うことができれば、人生が幸せなものになるのか、結婚できるのか、子供を授かれるのかなど長期的な内容でも的確に占うことはできます。 長期的な未来をタロット占いで占う際には、頻度が多くならないように気を付けてください。

誰でもわかるタロット占い

.