>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚へ導きます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い

▼きつねの占いの関連情報

タロット占い 姓名判断 易占い 奇門遁甲 ルーン占い タロットセラピー きつねの占い館 更新情報


.

世界の意味
タロット占いでの解釈の基本事項

タロットカードの、世界の意味と解釈の仕方の解説になります。 世界の意味の基本や解釈の仕方の基本などは、実際に占いをしていく際の基本事項になります。 実際に自分自身で占いをして行く際に、世界の意味の基本や解釈の仕方の基本が大事になり、この基本的な内容を理解しているかどうかが占いの結果の解釈の明暗を分けることにもなります。


この世界の意味の内容は、占い結果を解釈していく際の基礎的な知識になります。 タロット占いでは、展開されたカードの全体像や背景と繋がりから、個々のカードの意味などを掘り下げて読み解くことが基本の流れになります。 個々のカードがどのような意味や可能性を持ち、どのような背景や方向性にあるのかを確認してみましょう。 カードの全体的なつながりや世界観、背景などを視野に入れることにより、これまで以上にカードの意味を的確に解釈することができるでしょう。


世界の意味


世界(The World)

世界(The World)の意味と基本事項


[審判の意味へ] [愚者の意味へ]

世界の概略

世界の意味:完成

世界


世界のタロットカードは、成功や完成、願望成就や目的達成を意味します。全ての状況においての成功と完結を表すタロット占いの中でも最強の意味を持つカードになります。ただ、状況によっては、その時点で完結されてしまったために、それ以上は望めないという解釈になる場合もあります。基本的に最終結果などの未来に現れた場合、すべての願望が達成されると解釈します。このカードが出るだけで場が華やかになります。


正位置では、積極的な行動や自信を持った行動が成功につながり望む状況を迎えることや、一連の流れが望む方向で完結し、望みが果たされ満足できることを意味します。逆位置は、これまでの状況が中途半端な状態で落ち着いてしまい先に進めなくなってしまうことや、進行が途中で妨げられて投げ出されてしまう事、消化不足の状況で完結してしまうことを意味します。正位置逆位置共に、状況や物事が完結を迎えることや願いが叶うこと、満足できる環境や状況に至ることを表します。


世界(The World)の意味と基本事項
世界の意味と正位置の解釈

世界の意味と正位置の解釈

世界


世界の意味や背景の詳細事項と、世界の正位置の解釈の仕方の基本的な解説になります。 タロット占いの結果において、世界が正位置で出る際には、世界の意味が純粋で真っ直ぐに状況に表れると解釈します。 表裏が無い状況や良し悪しを問わず、結果や答えが出やすい状況にあることを占い結果が表していると読み解きます。


世界の正位置のイメージ

世界の正位置


▼世界の意味と正位置の解釈の仕方

全ての制限や障害などを乗り越え、肯定的で成功が約束された状況に到達できること。夢や願望が達成され、成功と幸せを享受できることなどを意味します。


成功。成就。完成。完全。結末。統合。完遂。達成。喜び。幸せ。満足。結婚。世界。海外。目的達成。願望成就。運命の出会い。完成した世界。


  • ・結末は望んだ状況であり、十分な満足感が得られる。
  • ・点が線になり、視野が広がり安心と喜びが得られる。
  • ・人間関係を自分の望む方向に調整することができる。
  • ・求める人との恋愛関係を、無事に築くことができる。
  • ・障害や困難を乗り越え成功を好機を手に収めること。
  • ・待ち望んだ素敵な人との出会いを無事に迎えられる。

▼世界の意味と正位置の解釈の例

  • ・全ての挑戦において成功と達成を向かえ、将来への躍進の道を進み始めることができる。
  • ・心から満足のできる状況と望んでいた結果を、自分の力で切り開いていくことができる。
  • ・予測も出来なかった運命的な出会いやチャンスが到来し、自分の本当の望みと直面する。

▼世界の意味と正位置の対策

得られた状況に満足すること。幸せを感じること。感謝の意を忘れないこと。明確な目標を持つこと。


世界の意味と正位置の解釈
世界の意味と逆位置の解釈

世界の意味と逆位置の解釈

世界


世界の意味や背景の詳細事項と、世界の逆位置の解釈の仕方の基本的な解説になります。 タロット占いの結果において、世界が逆位置で出る際には、世界の意味が正しく表れず、不足するか過度になり過ぎるかという意味合いが強くなります。 世界が逆位置で出たとしても、正位置の意味合いを考慮することが大事になります。 占いの結果においての逆位置は、表裏がある状況や状況が不明瞭で結果や答えが出にくい事を表していると読み解きます。


世界の逆位置のイメージ

世界の逆位置


▼世界の意味と逆位置の解釈の仕方

今まで一生懸命に進めてきたものが、中途半端な状態で落ち着いてしまうこと。目標達成までの道半ばにして、状況が完結して前に進めなくなってしまうことなどを意味します。


挫折。半端。低迷。破棄。失敗。堕落。破産。停滞。沈滞。延期。衰退。退職。定年。未完成。欠陥品。婚約破棄。中途半端。狭い世界。自己中心的。


  • ・状況や気持ちが中途半端になり逃出したくなること。
  • ・現状維持がやっとで、発展する気配が感じられない。
  • ・障害や困難を克服できずに自分自身の力に失望する。
  • ・最後に期待が裏切られて人生に失望し気持ちが沈む。
  • ・築き上げて来たものが途中で行き詰ってしまうこと。
  • ・中途半端なまま、最終的な状況に達することになる。

▼世界の意味と逆位置の解釈の例

  • ・向き合っているものは全て中途半端なままになり、悲観的で消極的な気持ちになってしまう。
  • ・願望成就の一歩手前で状況が完結してしまい、人生への失望感と後悔が大きくなってしまう。
  • ・何をしても進歩しない中途半端な状況に対し、悲観的な思いが強くなり気が滅入ってしまう。

▼世界の意味と逆位置の対策

現実をみること。得られた幸せを感じること。欲張らないこと。諦めないこと。目標を明確にすること。


世界の意味と逆位置の解釈
世界の中級解釈

世界の中級解釈

ここからは上記のタロットカードの基本的な意味を理解した上で、更にタロット占いの結果の解釈の幅を広げるための内容となります。 タロットカードの全体の知識や繋がり、タロットの世界観などが把握できてから参考にしてください。


世界の別称:地球が舞台カード


正位置
世界の正位置
逆位置
世界の逆位置

▼アルカナの背景

タロット占いにおける大アルカナは、人生においての大事な節目を表し、人が生まれてから亡くなり輪廻転生を経て再び生を得るまでの過程となります。現実的な人生の面では、入学や入社、転職や転居、結婚や離婚などの人生の大きな節目を表すことになります。


▼世界の前後との関係

世界の前にあたるタロットカードは審判となり、後ろにあたるタロットカードは愚者となります。 世界のカードは、審判の影響を受け、愚者のカードに影響を与えます。 タロット占いにおいて世界のカードを解釈する際には、審判を背景として愚者へ至る流れにあることを考慮しながら世界の意味と解釈を掘り下げるようにしてください。 世界のカードがタロットの全体像の中でどのような位置付けにあり、審判と愚者との関係性を考慮して解釈することがタロット占いの結果の解釈では大事になります。 世界の基本的な意味となる「完璧な成功と中途半端な完結」に併せ、審判の意味「状況の復活と再起不能な状況」、愚者の意味「新しい状況と状況への幻滅」を正位置・逆位置に準じて解釈していきます。 この際、「正位置だから良い」「逆位置だから悪い」というような安易な解釈はせず、正位置の意味合いを踏まえた上で、逆位置の解釈をすることを忘れないようにして下さい。


前のカード
前のカード
世界
世界
次のカード
次のカード

世界は、前の審判での物語の最終的な決断や結果というものを背景に持ち、次の愚者でのすべて何もない完全な無の状態からの始まりを背景に持ちます。世界は完成された世界でもあり、本来はその後の状況などは考慮しませんが、全ての物語が完結した後は、全く別の作品が始まるというのを考慮して愚者に至ると考えます。審判から愚者に至る流れでは、次のステージに至るというのが背景にありますが、世界から愚者に至る流れでは、全く別の物語が始まろうとするという流れが背景になります。世界は、大アルカナ全てのつながりや流れ、背景などを総括して完結ことになり、絶対的な存在として解釈していくことが大事になります。これ以上に話が展開しないという側面もあり、次に至るのは全く別の道というのも考慮して読み解くことが大事になります。審判で出した人生の結論や最終的な判断の後の状況になるのが世界でもあるため、審判で出した決断や最終的な判断が正しかったのかどうか、後悔しないものだったのかどうかを世界で確認することができます。


▼タロットカードの比較的解釈

ここでは、タロットカードを対比させることで、どのような背景や繋がりがあるのか、どのようにカードを読み分けるのかを解説しています。 個々のタロットカードの解釈をする際に、視野を広げるためにカードを対比させてイメージしておくようにして下さい。


▼世界と前の審判との比較

世界
世界
審判
審判

世界は、大アルカナ全体を含めた一連の流れの集大成でもあり、物語の完成された最後の世界となります。審判は、これまでの一連の流れを経て出た結論や、今後どのような道を選ぶのかを決断するという背景を持ちます。審判ですべてを覚悟して、物語を完結する際には世界へと至り、次の段階へと至るのであれば愚者に戻ります。世界は物語が完結したその後の世界や、エピローグというような背景になり、審判は一連の流れの結末であり、次の循環に至るのかどうかを表します。世界では物語が完全に完結するため、次に至る際には、全く別の物語になることや、世界観の変わる流れに至ると判断します。また、世界はこれ以上の続きが無いという事から、発展性などには乏しいと解釈することもあります。


▼世界と次の愚者との比較

世界
世界
愚者
愚者

世界は、これまでの大アルカナの一連の流れが全て完結し物語に終止符が打たれますが、その内容は非常に明るく良い結果という背景になります。そのため、次にあたる愚者というのは、世界の流れを受けるものではなく、完全に別の物語や状況が始まるという無からのスタートになります。恐竜の時代が終わり、人類の時代が始まるような、全く別の次元での物語の切り代わりが世界と愚者との比較では考慮することが大事になります。世界では物語がひと段落着き落ち着いてくることで、全く別のことを始めるというような流れが世界と愚者との流れになります。一貫性は無いのがこの世界と愚者とのつながりになりますが、一貫性が無いというのを背景として捉えることが大事になる流れでもあります。


▼世界と対になる運命の輪との比較

世界
世界
運命の輪
運命の輪

世界は、大アルカナの全体像の終着点になり、人が神になるような壮大な世界観の話になります。運命の輪は、人が物質界での生を失い、魂の世界である幽界に至る分岐点となります。世界は、完成された世界であり、全ての頂点となる神界を表すのに対し、運命の輪は物質界と幽界の境目になる幽現界を表します。世界では、物語が絶対的な完結を迎えるのに対し、運命の輪では、物語が前後で大きく切替るという背景を持ちます。大アルカナの一連の流れの中では、世界も運命の輪も非常に重要な立ち位置になりますが、背景にどのようなものを背負っているのかを適切に判断することで、読み分けることができるようになります。世界では結末となりますが、運命の輪では天気でもあり、その続きもあるという背景です。


▼世界正位置のイメージの捉え方


世界正位置のイメージ


▼世界のタロットカードの正位置のイメージ


▼世界逆位置のイメージの捉え方


世界逆位置のイメージ


▼世界のタロットカードの逆位置のイメージ


世界の中級解釈
世界の意味の補足事項

世界の意味の補足事項

世界の意味や解釈の内容に関しては、上記の内容が全てではありません。 この世界の意味に関しての内容は初歩的な内容であり、世界の意味を解釈する際の最低限の知識になります。 世界の絵柄から、カードが表しているものを適切に感じ取ることが、占いを実際にする際には非常に重要なことになります。


また、世界の意味や解釈の仕方は、タロットカードの種類や占い師によって内容が異なる場合があります。 使用するカードに合わせて、世界の意味や解釈の仕方は柔軟に対応してください。 このような柔軟で視野の広い考え方が、実際にタロット占いをする際には重要なことになります。


世界の意味の補足事項
世界(The World)

[審判の意味へ] [愚者の意味へ]

広告枠
infomation

きつねのタロット占いのご案内

時の運を掴む開運メルマガを配信しています。


タロット占いの結果や記事などを共有できます。

きつねのタロット占いのご案内

.