>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚をあなたに届けます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い
 きつねの占い館姉妹サイト: [きつねの占い館] [タロット占い] [姓名判断]
[ルーン占い] [恋愛セラピー] [婚活ブログ]
タロット占い > タロット占い中級講座 > タロットの読み方
.

タロットの読み方

タロット占いで展開されたタロットカードの読み方の解説になります。 タロットカードは個々の意味を読むだけではなく、その関連性や繋がり、正位置や逆位置の意味合いを深く読み解く必要があります。 展開されたカードの表情を読み取るようにしましょう。

これまでのタロット占いに対しての考え方を180度変えるくらいの気持ちでこの先をご確認ください。 先入観や思い込みは全て捨て去り、新しい考え方として参考にしていただければ幸いです。



タロットの読み方
タロットカード

タロットカード

一般的なタロットカードには、そのテーマになる絵柄が描かれています。 タロットが表すとされる「意味」はその絵柄が元になっています。 ここで大事になるのは、実際にタロットカードには「意味が活字」で書かれているわけではない。という点になります。

タロット占いに慣れてきて、タロットの意味も概ね覚えてきているという人に陥りやすい過ちは、タロットの意味を「活字」で覚えているという点になります。 展開されたタロットカードを見て、頭の中で一生懸命「活字」を思い出してしまうと、タロットの解釈の発展性に欠け、応用力が欠落してしまいますので注意しましょう。

一般的な書籍に関しても、このタロット占いのサイトでもそうですが、タロットの意味の項目で羅列されている単語や意味は、タロットの解釈の一つの可能性でしかありません。 実際にどのような状況で、どのような事を占うのか、占う場の雰囲気や日時、他に展開されているタロットカードなどで、解釈の仕方は大きく変わります。 場合によっては、解釈の仕方が180度反対のものになるということも少なくはありません。

まずは、展開されたタロットを見て、「活字だけ」を思い出そうとするのを一度辞めてみましょう。
女教皇 運命の輪 星
タロットカード
活字からイメージへ

活字からイメージへ

では、実際にタロットの意味を解釈する際には、その意味を「活字」ではなく、「イメージ」として頭の中に思い描くことが大事になります。 依頼者や質問の内容に合せ、カードが表しているものがどのような状況なのかを具体的に頭の中で「イメージ」として思い描いていきます。

この際に大事になるのが、ドラマや映画を見ているような、映像化していくことになります。 主人公や状況設定、舞台背景やその主題などは、依頼者でありその内容でもあります。 台本や原作、シナリオとなるのが、展開されているタロットカードになります。 その演出や脚本は占う立場である人が担います。

タロット占いへの依頼内容を基本設定とし、展開されたタロットからストーリーを構成していきます。 それが実際にどのような状況になり、どのような未来になるのかを膨らませていきます。 その際に、占い結果が当たっているか否かにこだわらないことが大事になります。

愚者愚者のイメージ化
愚者 遊び
楽しみ
愚者のイメージ
戦車戦車のイメージ化
戦車 乗り物
戦車のイメージ
星のイメージ化
星 星空

星のイメージ

上記はイメージ化の一例であり、イメージには無限の可能性があります。 また、イメージ化の部分が写真になっていますが、この前後背景や周囲なども含め、映像としてイメージ化することが大事でもあります。

活字からイメージへ
イメージから結果を

イメージから結果を

展開されたタロットから、質問者の未来をイメージし、質問の答えを出していくのがリーディングになります。 この際に頭の中で展開されているイメージの全てが、占い結果として当たっている必要はありません。 イメージを起こせているというのが大事な要素になります。

現実問題として、どのような解釈をし、どのような結果として伝えるかが大事な点になります。 質問内容と展開されたタロットから、結果を実直に伝えてみましょう。

展開されたタロットには、実に多くのヒントが隠されています。 質問した内容に対しての答えだけではなく、舞台設定や舞台背景、登場人物の状況や環境、性格や将来性など、あらゆる状況が現れてきています。 それらを的確にイメージ化し、映像として起こせれば、タロット占いの的中率は格段に上がることになります。

一般に霊感タロットとされるものは、このような一連の作業を一瞬に行うものであり、経験や知識量、応用力や柔軟性が非常に長けている占い法でもあります。

展開されたカードをイメージ化
戦車 塔
戦車「乗り物」 + 塔「事故」

結果「交通事故」

塔のイメージ

イメージから結果を
イメージ化の方法

イメージ化の方法

実際にどのようにイメージの起こしていくのかになりますが、この際のきっかけになるのが「活字」です。 「活字」が終わりではなく、解釈の始まりのきっかけにしかすぎません。 そこから色々な可能性を考慮し、イメージしていくことがタロットの解釈の大事な手順になります。

イメージ化の例
「世界」のタロットカードには、「願望成就」という意味があります。 この「願望成就」を活字で思い出して解釈しているだけでは、すぐに限界が訪れてしまいます。 質問者の依頼内容から、何が願望であり、何が成就するのかを具体的にすること。 誰の願望が成就するのか、それが喜ばしい事なのか否か、未来なのか過去なのかをはっきりさせること。 周囲や相手と喜んでいるのか、一人で喜んでいるのかなどをイメージすること。 世間一般からして、それが認められるものなのかどうかを加味すること。 願望成就した後が、どうなるのかをイメージし、幸せへの過程なのか、苦労や困難を伴うものになるのかを考慮していくことなどが必要になります。

このように、「タロット=意味」で完結するものではなく、多くの要素を考慮して、解釈していくことが、タロット占いでは必要な解釈法になっていきます。

イメージ化の方法
平面ではなく立体へ

平面ではなく立体へ

上記のように、タロットを平面の一枚の絵ではなく、イメージとして起こしていくことが大事になります。 また、そこから映像として具体的な状況を考慮し、詳細を深めていく作業が重要になります。

展開されたタロットは個々は一枚の絵になりますが、すべてを一枚絵として考えていくこと、 そこからイメージを起こし、映像化していくことがリーディングの本髄にもなります。

映像化し、実際に言葉として伝えていくために、普段から映像化して物事を捉えていくこと、 色々な言い回しや表現方法を学んでいくことは、タロット占いの勉強と共に大事な工程になります。 多くのドラマや映画を見ること、本を読んだりニュース番組を見たりすることは大事なタロットの勉強でもあります。

人生すべての経験がタロットを学ぶ上で大事なことにもなり、様々な事柄をタロットに合わせて逆イメージしていくことは解釈の幅を大きく広げることになるでしょう。

魔術師(平面)魔術師のイメージ化(立体)
魔術師 趣味
娯楽
魔術師のイメージ

平面ではなく立体へ
きつねのタロット占い

.