>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚へ導きます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い

▼きつねの占いの関連情報

タロット占い 姓名判断 易占い 奇門遁甲 ルーン占い タロットセラピー きつねの占い館 更新情報


タロット占い > タロット占い中級講座 > ソードの意味と解釈法
.

ソードの意味と解釈法

タロット占いで使用するタロットカードは、全てで78枚(ウェイト版)になります。 この中でソードのスートは14枚になり、A(1)~10の数字のカードが10枚と、人物(王など)のカードが4枚になります。 小アルカナの各スートは普段の日常の中の出来事を表しますが、ソードのスートはその中での問題や障害となるものを表します。


ソードのスートは、日々も問題や障害などを表し、普段の生活の中で直面する問題や障害、悩み事や嫌な事、不安や不満と避けたいことなどになります。 タロット占いで問題や未来を占う際には、このソードのスートが出現してくるという事や、問題や障害、悩みや不満を抱えるという事を表すため、出現しない方が良いスートとして捉えることもできます。 全体的に良い意味合いのカードは無く、問題や障害、停滞や悪化などを表すタロットカードが連なっています。 タロット占いの結果を解釈する際には、このソードのカードの出現率などで、問題の困難さや将来の幸不幸などを推し測ることができます。


ソードの意味と解釈法


ソードの基本背景

ソードの基本背景

タロット占いにおける小アルカナのソードのスートでのAから10までのタロットカードは、問題に直面してから破滅に至るまでの一連の流れを表しています。 問題を抱えることから始まり、次第に問題が大きくなっていくこと、収拾がつかずに身動きが取れなくなること、その結果自分自身の立場や身を滅ぼすという流れになります。 また、人の業や欲深さの結果、嫉妬心や執着心の結果、大事なものを失うことや、望まぬ未来に至る家庭を表すのが、タロット占いにおけるソードのスートになります。


ソードの意味と解釈法

ソードの意味と解釈法


▼ソードのストーリー1「登山で遭難」

ソード内容
A雪山登山に昇ろうと表明
2出発後に天候不良で立ち往生
3更に天候が悪化し吹雪に遭う
4山小屋に一時退避する
5進退での仲間割れが始まる
6保守派は下山して難を回避
7強硬派は強引に頂上を目指す
8天候が悪化して不時泊
9天候が回復せずに遭難する
10救助が間に合わずに死亡

▼ソードのストーリー2「問題ある結婚と離婚」

ソード内容
A周囲の反対を押し切り結婚
2価値観の不一致や浮気で悩む
3浮気不倫と離婚問題の浮上
4休戦するものの不安が募る
5泥沼の調停闘争の開始
6周囲から離婚を進められる
7浮気相手に旦那を取られる
8打つ手立てが無く孤立する
9寝れない日々に鬱になる
10大事なものをすべて失う

▼ソードのストーリー3「勝てない戦い」

ソード内容
A感情的になって宣戦布告
2攻められずに様子を見る
3宣戦布告に後悔する
4戦いで消耗して疲弊する
5相手からの攻撃に苦しむ
6やむなく撤退する
7敗走中に仲間割れ
8孤立無援の状態に陥る
9軽率な行動を悔いる
10過ちが正せず破滅する

ソードの基本背景
ソードの起承転結

ソードの起承転結

ソードのスートにも起承転結の流れが存在し、一連のストーリーが構成されています。 様々なストーリーが考えられますが、ソードのスートでは結末が破滅に至るというような壮絶なストーリーとなります。 Aから始まった問題が、10の目的地に達して完結するのが一連の流れになりますが、最終到達点が破滅や破局というような否定的な結果になるのがソードの特徴になります。


ソードの前半部分では、危険や困難に立ち向かおうと、決意表明などをして一歩を踏み出すところから始まっていきます。 目の前に広がっている問題や困難に立ち向かおうとするのが、ソードのスートの特徴であり、本来なら無理に進めずに問題を回避したほうが良いという背景もあります。 中盤では、問題が大きくなることや、状況が混乱してくることで、仲間割れが始まることや、問題が大きくて困難な思いをするという状況になります。 終盤では、どうにもならない状況に陥ってしまい、身が亡びるまでの過程を粟原していくことになります。 タロット占いの結果で、このソードのスートを解釈していく際には、このような問題や障害に向き合うことや、その渦中に飛び込んでしまうことなどを意識して解釈することが大事になります。


▼小アルカナの起承転結

数字内容
A物事の始まり
2物事のバランス
3かかわりの本質
4状況の安定
5競争や対立
6調和と成功
7意識と現実
8状況の変化
9願望や目的地
10完成された状況

ソードの起承転結
ソードの意味の基本

ソードの意味の基本

タロット占いにおけるソードのスートの基本概念は、問題や障害を表し、困難な状況や不遇な思いをするまでの過程になります。 冷静に考えれば、避けておいた方が良い道に対して向き合おうとするのが、ソードのスートの背景であり、感情的になっていて冷静な判断ができないということなどもあります。 危険極まりない雪山の登山や、浮気や不倫を繰り返し借金などを背負っている人との結婚、転職を繰り返している人の採用など、避けておいた方が無難と思われるようなこともあります。 このような問題に対して取り組もうと覚悟することや、自分なら何とかできると意気込むことなどが、まさにソードのスートの背景になります。 中には対応などが成功すること、厳しい道のりを乗り越えて成功する(逆位置)こともありますが、ほとんどの場合には思惑と違い失敗に終わる(正位置)という事になります。


このように問題や障害を背景に持ち、そのような状況が展開されていくというのをイメージとして把握し、ソードの意味を解釈することでタロット占いの解釈がより深いものになります。 人生の中で良いことばかりではなく、問題や不満を抱えること、望まない状況に至ること、時に嫌な思いなどをすることなどが、このソードのカードの担当になります。 ソードのスートも、他のスートと同じように、Aのカードで第一歩を踏み出し、3のカードで最初の困難に遭遇、7のカードで最終段階に至り、10のカードで破滅に至る流れになります。 3と7のタロットカードは、ソードのスートにおいても節目となるカードになり、5のカードが転機となるタロットカードになります。 ソードのスートはタロット占いの中でも特殊なスートであり、数字が多くなればなるほど状況などが悪化していくと解釈します。


このように、タロット占いにおける小アルカナでは、奇数の数字が鍵を握り、偶数のカードは前後の奇数のカードをつなぎ合わせるというような内容になっていきます。 また、ソードのスートをAから10までの一連の流れで捉え、それぞれが全体の中のどの部分を示しているのかを把握しておくことが大事になります。 カード単体ではなくスートの背景と10までの一連の流れを含めて考慮することで、カードの意味を適切に解釈できるようになります。 実際にタロット占いをする際には、このソードの基本的な意味は確実に覚えておきましょう。


▼小アルカナの流れ

数字内容
A物語の始まり
2開始後の状態
31段上の展開へ
4進展後の状態
5物語の転機
6転機後の状態
71段上の展開へ
8展開後の状態
9目的地への到達
10到達後の状態

ソードの意味の基本
ソードの解釈法総括

ソードの解釈法総括

タロット占いにおけるソードのスートは、問題や障害に向き合い始め、それが次第に大きくなり破滅に至る過程を表しています。 占いをする際には、質問者の状況や内容に合わせてどのような問題になるのか、どのような未来になるのかをイメージしていくことが大事になります。 また、問題を想定し、Aの軽い問題から、10の重い問題までを想像していくこと、目的を断念せざるを得ない状況がどのようなものなのかを考慮することなども必要になります。 出現したタロットカード単体を捉えるだけではなく、その前後のカードも考慮して、そのカードの意味合いや問題の大きさ、内容などを考慮してみましょう。


タロット占いの結果において、このソードの出現率が多くなる場合には、依頼者は困難な道のりを進もうとしていること、問題や波乱が多い背景にあることが分かります。 依頼者からの質問内容などには現れていなくても、展開されているカードを見ることで、依頼者の背負っている問題や背景などが見えてきます。 訳ありで危険な道になるほど熱くなってしまうような人も多く、そのような人にとってはより熱くなるような展開が待っていると判断します。 タロットカード個々の意味だけではなく、ソードのスートが正位置、逆位置共に多く出ている場合には、泥沼化すること、危険な未来が待っていることなどが分かります。 ソードのカードは必ずしも破滅や破綻に至るという訳ではなく、問題を乗り越えて前に進めるという事もあります。 そのような場合に出てくるのが、逆位置になりますが、問題と直面して乗り越えなければいけないという背景や状況には変わりがありません。 問題を乗り越えられずに終焉に向かうのが正位置となり、それらの問題を乗り越えて何とか前に進めるのが逆位置という感じで解釈してみましょう。


少々複雑な読み方にもなりますが、タロット占いで一般的で言われる「過去」「現在」「未来」の読み方を例にします。 占い結果で展開されたカードは「過去:ソードの3」「現在:ソードの6」「未来:ソードの9」と仮定します。 「過去」に現れたソードの3は、それまでの経緯(より過去の話)にソードの2の影響を強く受け、「現在」に対してソードの4の影響を強く受けることになります。 「現在」に現れたソードの6は、それまでの経緯にソードの5の影響を強く受け、「未来」に対してソードの7の影響を強く受けることになります。 「未来」に現れたソードの9は、それまでの経緯にソードの8の影響を強く受け、その後の経緯に対してソードの10の影響を強く受けることになります。


このように、タロット占いでは展開されているタロットカードは3枚でも、この3枚のそれぞれの影響を考慮するとともに、それぞれの前後のタロットカードも考慮することがだいじになります。 展開されているたカードだけではなく、その前後や背景を意識して解釈することにより、タロット占いの結果からより具体的な状況や未来、舞台の裏側や問題の根本などが見えてくるようになります。


▼ソードの意味の基本

数字内容
A困難や傷害に立ち向かう
2問題の大きさに動揺する
3問題に対し諦め半分になる
4一度離れて状況を見直す
5覚悟を決めて再挑戦する
6周囲から強く反対される
7周囲から見捨てられる
8孤立して身動きが取れない
9悩みや不安で夜も寝れない
10困難の中ですべてを失う

ソードの解釈法総括
広告枠
infomation

きつねのタロット占いのご案内

時の運を掴む開運メルマガを配信しています。


タロット占いの結果や記事などを共有できます。

きつねのタロット占いのご案内

.