>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚をあなたに届けます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い
 きつねの占い館姉妹サイト: [きつねの占い館] [タロット占い] [姓名判断]
[ルーン占い] [恋愛セラピー] [婚活ブログ]
きつねのタロット占い > タロット占い中級講座 > 大アルカナの解釈の基本
.

大アルカナの解釈の基本

タロット占いで使用する78枚のタロットカードの中で、主要となる大アルカナ22枚の解釈の基本の解説になります。 タロット占いの顔ともなる大アルカナは、実に印象深く知る人が多くなる部分のタロットカードになります。 この大アルカナの解釈ができるかどうかで、タロット占いが的確に出来るかどうかが変わっていきます。

特に小アルカナも含めた、タロットカードのフルデッキ78枚を用いてタロット占いをする際には、大アルカナの解釈が適切に出来ないと結果を掘り下げることができなくなります。 抽象的な意味合いが多く、タロットカードを単体で解釈しようとしていると、タロット占いが上手くできなくなる悪循環に陥ってしまいます。 特にこの大アルカナでは、色々な意味合いや内容があり、視点によって随分と考え方が変わってくるため、慎重に読み解いていくことが大事になります。 ここでは、この大アルカナ22枚の適切な解釈法を分かりやすく解説していきます。

大アルカナの解釈の基本

大アルカナの全体像

大アルカナの全体像

大アルカナの全体像は、人が生まれてから死期を迎え、神になるという壮大な背景がありますが、これを実際の鑑定をする際には、その人の人生や質問内容における大事な分岐点として考えます。 質問者の人生や、質問内容において、どのような局面を迎えているのか、これからどのような状況になるのかを捉えることが大アルカナを読み解く近道になります。 愚者から始まり審判に至るまでの過程、世界に至るのか愚者に戻るのかなどの、大アルカナの全体像を把握したうえでの解釈が重要になります。

大アルカナは人生の大事な分岐点を表すのに対し、小アルカナは日常の出来事を表すのが基本的な考え方になります。 大アルカナが出現した際には、質問内容やその人の人生における節目を迎えていると判断し、そのカードが大アルカナ全体でどのような位置づけになっているのかを考慮します。 大アルカナ全体を一連のストーリーとして展開し、その中でどのような部分を表しているのかを意識して解釈をすると、タロットを的確に解釈できるようになります。

▼大アルカナの全体像
愚者
愚者
魔術師
魔術師
審判
審判
世界
世界
・物事の序章
・始まったばかり
・先に多くの出来事
・成長過程前期
・目的地に向かって進む
・背景がまだ薄い
・物事の終章
・終わり間近
・これまでに多くの事
・成長過程後期
・目的地への到達
・次のステージへ

大アルカナの全体像
順番の考え方

順番の考え方

タロット占いにおける大アルカナは、0の愚者から始まり21の世界に至る大きな流れを背景としています。 そのため、順番が若い方のタロットカードを解釈する際には、まだ先に大きな流れを含むものとして考えていくことが大事になります。 そこに至るまでの過程はまだ短く、その後の方が長く様々な事が生じる可能性を考慮していきます。

タロットカードの順番が遅い方のタロットカードを解釈する際には、物事は一つの終盤を迎え、次の段階に進もうとしているという考え方が大事になります。 そこに至るまでの過程は長く、色々と考慮されたうえでの結果であり、ステージが変わるのか、別のステージに進むのかなどを考慮していくことが必要になります。

人の気持ちなどで考えていく際には、若い番号のタロットカードでは、本質的な事よりも表面的な部分に焦点が当たっていること、その先に大きな変化が訪れる可能性を考慮します。 遅い番号のタロットカードでは、これまでの過程は深いものであり、色々と考慮されたうえでの気持ちになるため、非常に重い意味合いを持つことになります。

物事の状況などで考えていく際には、若い番号のタロットカードでは、まだ始まったばかりでその先に幾多の試練や困難があり、そこを乗り越えての成功があることを示します。 番号が遅いタロットカードでは、これまでにいろいろと乗り越えてきたことにより、収穫を目前としていること、次の段階が見えてきていることを考慮することが大事になります。

▼若い番号の考え方
愚者
愚者
魔術師
魔術師
女教皇
女教皇
女帝
女帝
・経験が乏しく先の事が分からない
・具体的な根拠や知識がまだ薄い
・表面的な部分を重視していて核心が見えていない
・前に進む事が大事な状況である

▼遅い番号の考え方

月
太陽
太陽
審判
審判
世界
世界
・多くの経験をして具体的な状況が広がる
・具体的な経験や根拠を踏まえての結論
・本質的な部分を重視していて答えが的確
・次の段階を見据えての対応が必要になる

順番の考え方
大アルカナが多い場合

大アルカナが多い場合

フルデッキ78枚でタロット占いをしていく際に、展開されたタロットカードの多くが大アルカナになる場合、そこには重要な意味が含まれることになります。 質問者にとっては、質問内容における出来事に重要な分岐点を迎えていることを表してきます。 質問内容や場合によっては、質問者の人生においての大事な局面を迎えていることや、大きな変化の流れの中にあるという背景を持つことになります。

展開されたタロットカードの中で、良い大アルカナが多くなる場合には、非常に明るい未来やチャンスに至る流れを迎えていることが分かります。 逆に良くない大アルカナが多くなる場合には、問題や障害が訪れる流れにあることが分かります。 大アルカナが多くなる場合、この流れを人の手で変えることは難しいものになり、相当の努力や対応が必要になります。 そのため、良い流れの場合には、その流れに乗ることが必要になり、悪い場合には早めの対策や覚悟を決めることが大事になります。

大アルカナが展開されたタロットカードに多く存在する場合、そこを注視して状況や未来を読み解くことが大事になります。 目安としては半分以上が大アルカナになる場合、大きな出来事が到来しているか、その到来が間近であることが分かります。

▼大アルカナが多い場合
04.皇帝
皇帝
11.正義
正義
19.太陽
太陽

大アルカナが多い場合
大アルカナが少ない場合

大アルカナが少ない場合

タロット占いをする際に、展開されたタロットカードの中に、大アルカナが少ない場合や全く出ない場合があります。 これは、日常の生活の一部分を表していると共に、それほど大きな変化や節目が無いこと、無難な状況が続いていくという事が分かります。 上記にあるように、大アルカナは人生の大事な節目などを表すものになるため、これが少ない際には大きな変化が起こらないという背景があります。

大アルカナが全く出現してこない際には、しばらくは大きな動きが無いことや、思うように変化を起こせないという事になります。 このような際には無理に動かないことが大事であり、流れに下手に逆らわない方が良いという状況になります。 ことが起こるまでは無理をせず、機を窺い続けるような姿勢が大事になります。

▼大アルカナが少ない場合
01.WA
ワンドのA
06.恋人
恋人
02.C2
カップの2
10.P10
ペンタクルの10
05.S5
ソードの5
09.C9
カップの9

大アルカナが少ない場合
愚者から世界への流れ

愚者から世界への流れ

タロット占いにおける、愚者から世界への流れは、人が生まれてから転生を繰り返して神になるという壮大な背景があります。 これは、大アルカナの意味合いや立場を理解するうえで大事な基本概念になりますが、実際に鑑定の際には質問に合せて舞台を設定直すことが大事になります。 仕事や恋愛の質問に対して、タロット占いで鑑定をしていく際に、「神になる」というような解釈はしません。 愚者から世界への流れを、物事が始まって完結するまでの一連の流れとして考えていくことが大事になります。

質問内容や質問者の人生、背景などを一連のストーリーとして捉え、愚者から世界までの背景を投影して考えていきます。 タロット占いをしていく際に、出現した大アルカナのタロットカードが、全体のどのような部分になるのかを読み解きます。 この際、質問内容の背景や世界観において、どのような局面を表しているのかを捉えることができると、具体的な内容をイメージすることができるようになります。 このため、大アルカナ全体の流れや、それぞれのタロットカードがどのような位置づけにあり、どのような意味合いを持つのかを考慮することが大事でもあります。

▼愚者から審判への流れ
00.愚者
愚者
01.魔術師
魔術師
→→
→→ 19.太陽
太陽
20.審判
審判

▼審判から愚者・世界へ
20.審判
審判
全てが完結
→→
終了
21.世界
世界
20.審判
審判
新しく始まる
→→
転生・開始
00.愚者
愚者

愚者から世界への流れ
きつねのタロット占い


.