>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚をあなたに届けます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い
 きつねの占い館姉妹サイト: [きつねの占い館] [タロット占い] [姓名判断]
[ルーン占い] [恋愛セラピー] [婚活ブログ]
.

小アルカナの考え方

78枚のタロットカードの中で、56枚を占める小アルカナの考え方の解説になります。 小アルカナを加えることにより、タロットでの占い結果がより詳細なものになり、具体的な事象を占うことができるようになります。

小アルカナは枚数が多いということなどもあり、苦手意識を持たれやすい部分になりますが、タロット占いではその役割は大事なものになります。 具体的な詳細を占うためには非常に大事な部分でもあり、小アルカナを扱えるようになると、タロットの世界が大きく変わることになります。 その小アルカナをより身近なものにし、扱いやすくするための入門部分になります。

小アルカナの考え方

小アルカナの全体像

小アルカナの全体像

これまでの解説にあったように、大アルカナは人が生まれてから転生を繰り返し、神になるというような壮大なストーリが背景にあります。 小アルカナは考え方が大きく変わり、人の日常の出来事を表すという背景があります。 人が生活していく上で、日常に起こる様々な出来事を表すのが小アルカナでもあります。 そのため、大アルカナよりも、日常的な出来事を表す小アルカナの方が身近なものでもあり、コツを掴めば非常に解釈のしやすくなります。

小アルカナは抽象的な内容というよりは、日常にあふれる様々な出来事を代弁するものであるため、普段の生活に照らし合わせて考えることでカードの内容を捉えやすくなります。 普段の生活でどのような出来事になるのかを、小アルカナのタロットカードと併せて考えていくことが大事になります。

▼大アルカナの全体像
女教皇 節制 星 太陽
人が生まれてから転生を繰り返し、神になるという壮大なストーリーを背景にする。 抽象的な面もあり、詳細を解釈をするには多くの知識と経験が必要になる。

▼小アルカナの全体像
ワンドのA カップのA ソードのA ペンタクルのA
普段の生活の出来事などを表し、日常的な出来事を背景にする。 普段の生活での出来事などを照らし合わせることで、より身近なものとして解釈できる。 具体的なことや詳細な情報を知る際には大事になる要素でもある。

▼小アルカナの考え方
スートスートの持つ背景
ワンド普段の生活における身近な人間関係。家族関係や身近な交友関係。平和な状況や環境の満足度など。
カップ普段の生活における恋愛関係や感情面。愛情問題や精神面での関係。異性関係や精神的な満足度など。
ソード普段の生活における問題や障害。得られる情報やコミュニケーション。直面する災難や不満度など。
ペンタクル普段の生活における金銭や仕事。職場環境での待遇や損益、遠い交友関係。金銭や物質面の満足度など。
小アルカナの全体像
ワンドの考え方

ワンドの考え方

ワンドのスートは、普段の日常生活における家族関係や交友関係、身近な環境や出来事などを表すものになります。 家族や友だちとの関係や状況、普段の生活の中での変化や、目的地に向かっての過程などをイメージすると分かりやすくなります。 普段の背活の中でも、全体的に身近な環境での出来事を表すのがワンドのスートであり、普段の生活の根幹部分を表すことになります。

身近な環境という視点での人間関係になるため、家族関係や交友関係、普段の行動範囲などが焦点になります。 普段の生活の安定している部分や、穏やかな面を表すのがワンドのスートになるため、基本的に安定感があり、安心ができるスートになります。 円満な人間関係や平和な日々というような視点で考えていくと、ワンドのスートは非常に身近で理解しやすくなります。

ワンドのスートは日常の平和な側面を表すスートというのもあり、基本的に安定した意味合いが多いものになります。 逆位置で出たとしても、余り悲観的な解釈はせず、少々の不安や軽い問題としてとらえることが大事になります。 また、ワンドのスートは身近な環境を表すものであるということから、身近な未来(比較的近い将来)を表すものになります。

▼ワンドのスート
ワンドの3 ワンドの4 ワンドの6 ワンドの7

ワンドの考え方
カップの考え方

カップの考え方

カップのスートは、日常生活における感情問題や恋愛関係、飲食を伴う出来事や愛情面で考える家族関係などを表すものになります。 ワンドのスートは、親や兄弟というような家族背景を持ちますが、カップのスートは配偶者や子供というような家族背景を持つことになります。 また、恋人や好きな人との関係、恋愛事情や結婚などの出来事、感情面での満足度合いや幸せ度合いを表すことになります。 愛情という側面から考える人間関係や、心の動きを伴うものとして考えると、カップのスートは分かりやすいものになります。

愛情を伴う視点での人間関係という背景を持つため、恋愛や結婚、精神状態の良し悪しというような部分が焦点になります。 普段の生活で精神状況がどのような状態になるのか、幸せな家庭環境の構成や恋愛成就の可能性などを表すことになります。 ワンドのスートは平和な環境かどうかという目線になり、カップのスートは幸せな環境かどうかという目線で考えると理解しやすくなります。

カップのスートは恋愛や感情面を表すスートという事もあり、良し悪しが明確に出てくるものが多くなります。 逆位置で出た場合、良いカードは欲があることで満たされない状態であることを表し、悪いカードでは不安が現実的なものではないことを知り、安心できるような意味合いになります。 また、カップのスートは恋愛や結婚などの少し遠い人間関係や状況を表すものであるという事から、少し先の未来(遠くなく近くもない将来)を表すものになります。

▼カップのスート
カップの3 カップの6 カップの9 カップの10

カップの考え方
ソードの考え方

ソードの考え方

ソードのスートは、日常生活における問題や障害、コミュニケーションや情報の収集というようなことを表すものになります。 ワンドのスートは、日常の平和や安定を表すスートであったのに対し、ソードのスートは反対でもある問題や障害を表すものになります。 人間関係で考えると、苦手な相手や嫌いな相手、距離のある相手や対応の難しい関係、相性の悪い関係といった背景を持つことになります。 コミュニケーションの面で考えると、良好なコミュニケーションがとれるかどうか、良き情報が得られるかどうかが分かります。

問題や障害というのが基本的な意味合いになるため、普段の生活における問題や障害という部分が焦点にもなります。 日常生活で上手く行かないことや、思い掛けないトラブル、間の悪さや悲観的に考えてしまう状況などを表すことになります。 ソードのスートが多く出てくる場合、問題や障害が多く存在してくることや、前に進めない行き詰まりを表すと考えると分かりやすくなります。

ソードのスートは、問題や障害という部分を表すことになり、基本的には余り良い意味のカードがありません。 コミュニケーションの面で捉えると、自分の意見が言えるかどうか、コミュニケーションが取りやすいかどうかが明確に出てきます。 また、ソードのスートは問題や障害を表し、コミュニケーションがとれるかどうかという背景を表すことから、遠い未来(遠すぎず近くはない将来)を表すものになります。

▼ソードのスート
ソードの3 ソードの8 ソードの9 ソードの10

ソードの考え方
ペンタクルの考え方

ペンタクルの考え方

ペンタクルのスートは、日常生活における金銭面や仕事環境、物質的な側面などを表すものになります。 ワンドのスートは、日常の身近なプライベートを共有する人間関係であったのに対し、ペンタクルのスートは、職場環境や利益や打算を背景に持つことを表します。 プライベートを共有しない人間関係や、利益や金銭などが絡む状況や環境を背景に持つことになります。 性格や感情面で考えると、堅苦しい部分や利益などを考慮しているような背景を持つという具合に判断していきます。

金銭面や仕事環境、物質的な側面を表すという意味合いになるため、普段の生活での仕事や金銭事情という部分が焦点になります。 愛情などよりも、利益や条件といった意味合いが強くなり、感情面や本音の部分を閉ざしている状況や関係性として考えると分かりやすくなります。 ペンタクルのスートが多く出てくる場合、仕事や経済状況では成功や反省を表すことになりますが、プライベートでは利益や打算が強く面白味に欠けることになります。

ペンタクルのスートは、金銭面や仕事環境という部分を表すことになり、基本的には安定感はありますが、地味でもあり、時に問題を生じることもあります。 仕事をしてる状況で考えると、無難で安定した仕事をして収入を得る事もあれば、忙しい割に収入が普段と変わらないというような良し悪しが明確に表れます。 また、ペンタクルのスートは金銭面や仕事環境を表し、基本はプライベートや感情面などを共有しないという背景を持つため、非常に遠い未来(遠い将来)を表すものになります。

▼ペンタクルのスート
ペンタクルの3 ペンタクルの6 ペンタクルの8 ペンタクルの10

ペンタクルの考え方
1~10の数字の考え方

1~10の数字の考え方

小アルカナにおける各スートには、1~10の10枚の数字のカードが存在しています。 身近な遊具であるトランプを思い出していただければ分かりやすいでしょう。 タロット占いでは、小アルカナの数字のカードは、各スートにおける意味合いを背景に、始まりから達成までの過程を表すものとなります。 1から始まり、10で到達するというような背景であり、その意味合いや過程はスートの持つ意味合いが重要になります。

大アルカナの解説では、人が生まれて死を迎え、転生を繰り返して神になるという流れがありました。 小アルカナの数字の部分では、日常生活の「事」が始まり結果に至り、また別の「事」が起こるというような流れになります。 その過程には様々な出来事があり、どのような状況でどのような結果になるのか、どのような進行状況なのかを確認することができます。
▼大アルカナの流れ
大アルカナは、人が生まれてから死期を迎え、転生を繰り返し魂を純化し神になるという一連の流れ。 人生における大事な部分を表すものであり、人生の転機や大きな出来事を表す。
愚者 魔術師 →→→ 審判 世界

▼小アルカナの流れ
小アルカナは、「ある事」が始まり、それが結果に向かって進んで行く過程。 途中で終わることもあれば、新しい別の事も始まり、それぞれの出来事がどのような流れになるのか。 日常的な出来事を表し、普段の生活の中でどのような出来事が生じるのか。
ワンドのA ワンドの2 →→→ ワンドの9 ワンドの10

ワンドのスートのイメージは、人と出会い、交友関係を形成し、親友になるかどうか、別の人と出会い、その人との交友関係がどうなるのかという流れになります。 カップのスートのイメージは、人と出会い、恋愛関係を形成し、結婚に至るのかどうか、別の出会いや恋愛に至るのかどうかなどという流れになります。 ソードのスートのイメージは、問題や障害が発生し、その問題が解消されるのかどうか、行き詰まりを迎えて全てが崩壊していくのかどうかという流れになります。 ペンタクルのスートのイメージは、就職して仕事と地道に向き合い、安定した収入を得て出世していくのかどうか、転職して新しい環境にて才能を発揮するのかという流れになります。

このような小アルカナの各スートのイメージは、小アルカナを捉えて的確な解釈をしていくために大事な背景や基本概念になります。 このような意味合いや背景を持つというのを加味して、個々のタロットカードの意味を掘り下げていくことが大事になります。 タロット占いでは、大アルカナも小アルカナも、この一連の流れや背景がどのようなものであるかを把握しているかどうかで、解釈が大きく変わっていきます。 背景や基本概念を理解していることで、解釈がより深いものになり、より詳細な出来事を解釈していくことができます。

▼小アルカナのスート
ワンド カップ ソード ペンタクル
ワンドの10 カップの10 ソードの10 ペンタクルの10

1~10の数字の考え方
人物コートカードの考え方

人物コートカードの考え方

コートカードの考え方や捉え方は、小アルカナを理解するうえで、難しい部分とされています。 しかし、上記のような小アルカナの各スートの背景を理解し、コートカードの意味合いを理解していくことで、コートカードがより分かりやすいものになります。 まず、コートカードは人物を表しているというのを忘れないことが大事になります。 コートカードは「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚があり、各4スート4枚の16枚が存在しています。

▼コートカード(ワンド)
ワンドの王 ワンドの女王 ワンドの騎士 ワンドの王子

どのスートでも、「王」は王のような人と表し、「女王」は女王のような人を表し、「騎士」は騎士のような人を表し、「王子」は王子のような人を表すと考えるのが基本です。 王とは年上の男性や上司や従うべき人、男性そのものを表し、女王とは年上の男性や従うべき人、女性そのものを表します。 騎士とは、同年代の男女や共に行動するような人を表し、王子とは年下の男女や、自分に従う人を表します。

▼コートカード(カップ)
カップの王 カップの女王 カップの騎士 カップの王子

具体的な人物像では、王は父親や男上司、旦那や男性を表し、女王は母親や女上司、妻や女性を表します。 騎士は同僚や仲間、同学年や同世代の男女を表し、王子とは子供や部下、後輩や年下の男女を表します。 これらの基本的な意味合いに、小アルカナの各スートの意味合いを加味したものがコードカードの意味合いになります。 基本は人物が関連してくるといった背景になり、人物像や人の感情などを考慮していくことが大事になります。

▼コートカード(ソード)
ソードの王 ソードの女王 ソードの騎士 ソードの王子

ワンドの王は、身近な年上の男性、友達の男性、自立した大人の男性という感じになり、カップの女王は愛情豊かで思いやりのある女性、年上で清楚な女性という感じになります。 ソードの騎士は、問題や障害に立ち向かうような積極的な同僚や同年代の男女という感じになり、ペンタクルの王子は、職場の部下や安定感のある定職に就く年下の男女という感じになります。 このようにスートの意味合いと人物像を関連させてイメージを起こしていくのが、コートカードを解釈する際には非常に大事な部分になります。

▼コートカード(ペンタクル)
ペンタクルの王 ペンタクルの女王 ペンタクルの騎士 ペンタクルの王子

人物コートカードの考え方
きつねのタロット占い


.