>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚をあなたに届けます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い
 きつねの占い館姉妹サイト: [きつねの占い館] [タロット占い] [姓名判断]
[ルーン占い] [恋愛セラピー] [婚活ブログ]
.

大アルカナの考え方

78枚のタロットカードの中で、重要な部分を占める大アルカナ22枚の扱い方、考え方の解説になります。 大アルカナを的確に捉え、解釈できるようになると、タロット占いがより深く的確なものへと変わります。

大アルカナは先の解説で説明してきたように、解釈しやすい部分と抽象的で解釈の難しい部分とがあります。 それぞれの背景を的確に理解しておくことでより解釈しやすくなります。



大アルカナの考え方
大アルカナの全体像

大アルカナの全体像

大アルカナは、人が生まれてから魂が転生し、神になるまでの過程を表している非常に壮大なストーリーを背景にしています。 この壮大な背景があり、それぞれのタロットが繋がり、関連しているというイメージは常に忘れないようにしましょう。

人として今世を生きている私達では、完全に把握できない部分や理解に苦しむという部分もありますが、 全体像として上記のような背景があると覚えておくだけでも、解釈には非常に強力な後押しになります。

それぞれの大アルカナのタロットが、大アルカナ全体でどのような位置づけにあるのかを解釈の際に考慮していくことが大事になります。 また、そのタロットまでの過程や、これから待つ運命や将来がどのようなものになるのかを全体像が把握できていると解釈に考慮することができます。

▼大アルカナ全体像の捉え方
012192021
愚者 魔術師 女教皇 太陽 審判 世界

この中の14番目の節制
節制
←←前に
「吊られた男」「死神」
を経ている
後に→→
「悪魔」「塔」
を控えている
吊られた男 死神 悪魔 塔
大アルカナの全体像
大アルカナの読み方

大アルカナの読み方

これまで大アルカナは、人が生まれてから神になるというような壮大なストーリーが背景にあると説明してきました。 この背景像は、あくまで大アルカナを把握する際に大事な考え方の一つであり、 実際の鑑定や解釈をする際には、このような物質界や霊界というような読み方をするわけではありません。

人が生まれて転生を繰り返し、神になるという一連の流れを、実際の質問内容や解釈の仕方、人の人生に当てはめて落とし込んで行きます。

例えば、大アルカナを人の人生に例えていくと分かりやすくなります。

▼人生における出来事の繰り返し 学業
人が生まれて育てられる。
人が生まれて育てられる。
保育園への入園から卒園。
幼稚園への入園から卒園。
小学校への入学から卒業。
中学校への入学から卒業。
高校への入学から卒業。
専門学校への入学から卒業。
大学への入学から卒業。
大学院への入学から卒業。

▼人生における出来事の繰り返し 仕事
企業への就職から退社。
転職先への就職から退社。
転職先への就職から退社。
勤務部署から異動。
勤務地から転勤。
役職の就任から出世。
退職から独立や企業。
就職から定年。
定年から再雇用。

▼人生における出来事の繰り返し 恋愛
恋愛から結婚。
失恋から新しい恋愛。
結婚からの離婚。
離婚からの再婚。
結婚から妊娠。
妊娠から出産。
出産から育児。
第一子から第二子。
第二子から第三子。
子供の幼少期から成人。
保護者の人間関係の変化。
子育てからの卒業。
子供の就職。
子供の結婚。
子供の出産。
孫やひ孫の誕生。

▼人生における出来事の繰り返し その他
人との出会いから人間関係の形成。
恩師との出会いから学びを得ること。
友達や仲間の形成と別れ。
習い事を始めてから辞める。
病気を患ってから完治。

このような一連の流れや繰り返しというものを、タロットの大アルカナは表していいます。 実際の鑑定や解釈の際にはこのような背景があると意識し、その中のどのような過程にあるのか、どのような重要度なのかを考慮していきます。 質問内容に合わせて舞台背景を考慮し、タロットの大アルカナに合わせて状況を落とし込んで行きます。
大アルカナの読み方
大アルカナの繰り返し

大アルカナの繰り返し

愚者 ・・・・・ 審判
大アルカナは、愚者~審判を経て、転生して愚者に戻るというような一連の流れを説明してきました。 この繰り返すという考え方が大アルカナを考慮する際には非常に大事なことになります。

「生まれてから転生する」という繰り返しが壮大なストーリーでの背景になりますが、 実際の人生などでは「入学してから卒業する」の繰り返しで成長して大人になるというイメージになります。 「入社~退社」「新年度~年度末」「元旦~大晦日」「誕生日~次の誕生日」など、 始まりが有れば終わりがあり、終わりが有れば次が始まる、というのが大アルカナの大事な考え方になります。

始まりから終わりまでの間に、紆余曲折、色々な事が起こるのが人生であり、それを表しているのが大アルカナの個々のカードになります。 このように考えていくと、大アルカナのタロットを解釈する際には、個々の意味だけではなく、 全体でどのような位置にあり、今後どのような流れになるのかというより深い解釈ができるようになります。

▼人生における出来事の繰り返しの表
愚者 出産 妊娠 入園 入学 入社 新学期 新年度 新年 就職 新部署 新天地 新会社 新生活 独立 起業 新しい出会い 新しい人間関係 新しい友達 習い事を始める 出かける 誕生日 元旦
審判 卒園 卒業 期末 年度末 年末 退社 退職 転勤 異動 定年 帰宅 別れ 離婚 死別 合格発表 引っ越し間際 離れること 何かが終わること 次の段階へ進む事 終業 収めること 誕生日前日 大晦日
大アルカナの繰り返し
大アルカナの考え方 まとめ

大アルカナの考え方 まとめ

このように、大アルカナは、タロットでも人生にとって非常に重要な事柄を表しているタロットになります。 小アルカナも含めた78枚のフルデッキでタロット占いをする際には、この大アルカナの出現はより深い意味を持つことになります。 小アルカナと同じようにタロットを解釈してしまうと、占い結果が単調なものになってしまうため注意も必要です。

大アルカナは小アルカナと比べて、インパクトが強い出来事や心象、気持ちであり、人生にも影響を及ぼすくらいの強い意味合いがあります。 大アルカナ22枚だけでのタロット占いもできることはできますが、このインパクトが強いカードばかりが並ぶため、解釈が難しいという側面もあります。

小アルカナの56枚も含め、78枚でタロット占いをする事で、大アルカナの存在がより引き立ち、タロット占いの結果にメリハリが出てくることになります。 こうなると、大アルカナの背景を含めた解釈をする事で、占い結果が全体的に深く掘り下げられ、より詳細なことまでを見ることができます。

女帝 正義 星

将来の出来事や人の気持ちに至るまで、大アルカナが出現してきた際には、より深く重い意味があるというのが本来の解釈の仕方になります。 それが具体的にどのようなものになるのかは、小アルカナの考え方や、タロットの個々の意味を考慮していくことが大事になります。
大アルカナの考え方 まとめ
きつねのタロット占い

.