>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚をあなたに届けます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い

▼きつねのタロット占いの関連情報

タロット占い 姓名判断 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


きつねのタロット占い > タロット占い中級講座 > タロット占いと大アルカナ
.

タロット占いの大アルカナの存在意義

タロット占いで使用するタロットカードにおける、大アルカナの意味の解釈を深めるための考え方になります。 大アルカナの一連のつながりを解釈に加えていくことで、より解釈に深みが増し、タロット占いの結果を的確なものへと変えることができます。 タロット占いでは、このような解釈を深める考え方が重要にもなります。


タロット占いをする際には、個々のタロットカードの意味を掘り下げるのではなく、そのタロットカードの立ち位置や背景などを的確に読むようにしましょう。 個々のタロットカードが表しているものだけに目を向けていると、大事な背景を見逃してしまうことがあります。 タロット占いにおける大アルカナというものがどのような存在感を持つのかを確認してみましょう。


タロット占いの大アルカナの存在意義

タロット占での大アルカナの流れ

タロット占での大アルカナの流れ

タロット占いにおける大アルカナは、愚者~世界までの22枚で構成されています。 個々のタロットカードの意味などは、多くの本やタロット占いのサイトで解説されておりますが、そのタロットカードの意味だけを覚えてもタロット占いの解釈には限界が生じてしまいます。 個々のタロットカードの意味を掘り下げる前に、このタロット占いにおける大アルカナのつながりがどのようなものなのかを把握しておきましょう。


タロット占いにおける大アルカナは、大きく2つの背景に分かれています。 タロットカードは大きく分けると愚者~隠者までの10枚と、正義~審判までの10枚に分かれます。 前者の10枚のタロットカードは、人が生まれてから老いるまでの「物質界」での過程を表し、後者の10枚は人が亡くなってから転生するまでの「幽界~霊界」を表します。 この中間にあたる「運命の輪」のタロットカードは、物質界から幽界へ至る分岐点を表す「幽現界」を表しています。 そして、「世界」のタロットカードは「神界」を表しているという考え方が、ここでのタロット占いにおける大アルカナの基本概念になります。


階層


※ここでのタロット占いの考え方は、あくまでタロットカードや大アルカナの捉え方のイメージであり、タロット占いの解釈時にそのまま使うものではありません。 世界のタロットカードが展開されたからと言って、「霊界に行く」というような解釈は、通常することはありません。


タロット占での大アルカナの流れ
タロット占いにおける愚者~隠者

タロット占いにおける愚者~隠者

愚者 ・・・・・ 隠者

タロット占いにおける大アルカナの「愚者~隠者」は、人が生まれてから老いるまでの物質界の事柄を表しているタロットカードになります。 前半にあたるタロットカードは、人生でいろいろな人と出会い、色々な経験を経て老いていくまでの過程を表現しています。 この10枚のタロットカードは物質界の事柄を表しているため、比較的タロット占いの解釈もしやすく、分かりやすい内容になっています。 日頃の生活や状況、関わる人物などにあてはまてイメージを起こすようにすると、タロット占いでの解釈の幅は非常に広がるようになります。


また、タロットカードの番号が増えるにつれ、タロットカードが表す意味合いが重くなるという背景もあります。 人生で年を重ねるごとに、知識や経験が増え、視野が開けてくるというようなイメージで考えましょう。 愚者のタロットカードと、隠者のタロットカードでは、その知識と経験の深さは「素人(愚者)」と「達人(隠者)」程の違いがあります。


タロット占いを用いて、人の気持ちや将来性で見る際にも、愚者のタロットカードは「経験も浅く、気持ちや考えも楽観的で希薄なもの」という背景になります。 隠者のタロットカードは「経験も深く、気持ちや考えも非常に奥深くまで考えられたもので重いもの」という背景になります。 タロット占いにおいて、隠者のタロットカードは「真実を見つける」「悟りを開く」というような意味合いを持つのは、このような背景があるからになります。


タロット占いにおける愚者~隠者
タロット占いにおける正義~審判

タロット占いにおける正義~審判

正義 ・・・・・ 審判

タロット占いでの大アルカナの「正義~審判」は、人が物質界を脱して幽界での魂の過程と、霊界への移行を表しているタロットカードになります。 人生での経験を魂の世界で省みて、その良し悪しを計ることや、転生に向けての準備をしている状況を表しています。 この10枚のタロットカードは幽界や霊界のことを表しているため、表現が抽象的になる他、非現実的な要素を多く含む内容になります。 タロット占いの中でも良くないとされるタロットカードも揃いますし、表現が重苦しくなるタロットカードが多くなります。


この幽界での過程や霊界への昇華を意味する10枚のタロットカードを適切に解釈できるようになるかどうかが、タロット占いにおける大アルカナの理解への鍵にもなります。 タロットカードの愚者~隠者と同じように、タロットカードの番号が増えるにつれて意味合いが重くなり、次の「世界」に進めるかどうかが決まるというようなイメージで考えましょう。 正義のタロットカードは、これまでの行いの良し悪しを判断されるというような意味合いがあります。 審判のタロットカードは、必要があれば新しい段階での再生をすること、必要が無ければ完成された「世界(神界)」に進むと考えると分かりやすくなります。


タロット占いで人の気持ちや状況を占う際には、「正義~審判」のタロットカードは全て、「愚者~隠者」のタロットカードを含めた意味合いにもなります。 これまでいろいろな過程を経たうえでの良し悪しがはっきりと表れていきます。 タロット占いをしていく際に、大アルカナのタロットカードを解釈する際には、このような意味と背景を考慮するとより深い解釈をすることができます。


死神 悪魔 塔

「死神」「悪魔」「塔」のタロットカードは、これまでの人生の過程を考慮しての答えであるため、タロット占いをする際には非常に重苦しい占い結果になります。 「審判」のタロットカードが復縁や再生を意味するとされるのは、このような一連の過程を経て、転生(蘇る)をするという背景からになります。 「審判」のタロットカードは、物事を完成して「世界」に至るのか、それとも最初の「愚者」に戻ってやり直すのかという大事な分岐点をタロット占いでは担います。


タロット占いにおける正義~審判
タロット占いにおける運命の輪

タロット占いにおける運命の輪

運命の輪


「運命の輪」のタロットカードは、上記の「愚者~隠者」「正義~審判」の丁度中間点に位置しています。 これは、運命の輪が「物質界」「幽界」の狭間にあることを意味するだけではなく、人が物質界を卒業して幽界に至るという過程を表しています。 単純に考えると、人が人生を終え、あの世に行くという大きな転機を表しているという背景になります。


運命の輪のタロットカードが、転機を意味するというのは、このように物質界から幽界に至るような、非常に大きな変化を表しているという背景があるからです。 単純に「人の死」に当たる出来事になりますが、実際のタロット占いの解釈では、「死ぬ」などの解釈をする事はほとんどありません。 それは、物質界に生きる私たちにとって、「死」というのは人生での終わりであり、転機として受け止めるには事が重過ぎるという背景があるためになります。


実際にタロット占いでの解釈において、この「運命の輪」のタロットカードが展開された場合、上記の背景があるという認識を踏まえて人生においての大きな転機が訪れると解釈します。 タロット占いでの出会いや恋愛を占う際には、人生を共にするような貴重なパートナーとの運命的な出会いなどを表すことになります。 また、仕事などでのタロット占いでは、人生の転機となるような転職をするということや、将来や繁栄につながるような出世などをすると解釈していきます。


愚者 隠者 正義 審判

この運命の輪のタロットカードは、「愚者~隠者」「正義~審判」のすべてを考慮した「転機」として意識することがタロット占いをする際には大事なります。 その位置付けはタロット占い全体においても非常に重要なものになり、このタロットカードが適切に解釈できるようになると、タロット占いの全体のイメージを理解できたとして考えても良いでしょう。


タロット占いにおける運命の輪
タロット占いにおける世界

タロット占いにおける世界

世界


タロット占いにおける「世界」のタロットカードは、上記の「愚者~隠者」「運命の輪」「正義~審判」のすべてを考慮した先の結果に位置しています。 物質界から死を経て、幽界や霊界での経験を経てから至る、最終的な到達点である「神界」に至るという背景になります。


タロット占いの大アルカナの基本的な考え方は、「愚者~審判」までを経て必要があれば転生して「愚者」に戻ります。 別の人生を経て「審判」に至り、必要があればまた転生して「愚者」に戻ります。 この過程を何度も繰り返し、物質界や幽界、霊界で学ぶものがなくなり、魂が昇華されてはじめて「神界」に到達することができます。


この世界のタロットカードはタロット占いの中でも別格のタロットカードになり、全てが達成され完成された世界であることを表すのは、このような背景があるからになります。 物事の願望が成就され、ハッピーエンドに至るというような理想的な展開と結果を表すタロットカードになります。


一般的なタロット占いでの意味合いでは、この「世界」はタロットカード78枚の中で、最強最良のタロットカードとされているのは上記の背景があるからになります。 しかし、完成されたということは、それ以上のものが存在せず、発展性に欠けてしまうこと、既に答えが出ているということなども暗示します。 「月満つれば則ち虧く」という諺があるように、場合によっては、後は衰退するばかりというような背景を考慮する必要なども出てきます。 盛衰のある物質界の観点からすると、この完成された世界というのは一時的なものであり、その後はまた別の視点でみていく必要があると判断しましょう。


世界のタロットカードが本当の意味で理解できるようになるには、タロットカード全ての意味合いや関連性、背景やタロット占いの舞台などが理解できてからのことになります。 世界のタロットカードが理解できれば、タロット占いの技術や知識が熟達し、どのような内容でも適切に対応できると自信を持っても良いでしょう。


タロット占いにおける世界
タロット占いの大アルカナのまとめ

タロット占いの大アルカナのまとめ

タロット占いの大アルカナを別の表現で例えると、人が輪廻転生を繰り返し、最終的に神になるという一連の壮大な流れになります。 その過程は依頼者により様々なものがあり、大アルカナを解釈する際には、これらの複雑な背景を考慮して掘り下げることが大事になります。


タロットカードの1枚1枚の意味を単に解釈するだけではなく、上記のようなイメージが背景にあると仮定してタロット占いの解釈を膨らませることが大事になります。 タロット占いの小アルカナと同じように解釈すると、タロット占いの解釈は平坦なものになってしまいます。 タロット占いの解釈にメリハリをつけること、重要な点はどのようなものなのかを明確にするため、大アルカナの背景を理解しておくことが重要になります。


上記のタロット占いにおける大アルカナの一連のつながりの解説は、あくまで大アルカナを理解しやすくするためのイメージになります。 絶対的な知識や考え方ではないため、これまでのタロット占いの知識に対してのプラス要素として考えるくらいの間隔で考えてみてください。


タロット占いの大アルカナのまとめ

きつねのタロット占い


.