>> TOPへ

タロット占いで幸せな恋愛や結婚をあなたに届けます。
きつねのタロット占い
きつねのタロット占い

▼きつねのタロット占いの関連情報

タロット占い 姓名判断 易占い 奇門遁甲 ルーン占い 恋愛セラピー きつねの占い館 更新情報


タロット占い > タロット占い中級講座 > 小アルカナの意味と解釈
.

タロット占いの小アルカナの意味と解釈

タロット占いで使用する78枚のタロットカードの中で、補助となる小アルカナ56枚の解釈の基本の解説になります。 一見地味で枚数だけが多くなる小アルカナは、苦手意識を持たれることが多くなりますが、この小アルカナが読めるかどうかがタロット占いでは非常に重要になります。 大アルカナの22枚に小アルカナの56枚を合わせることで、タロットカードのフルデッキ78枚が完成します。 大アルカナと小アルカナを組み合わせることで、詳細な事柄や未来を読み解くことができるようになります。


タロット占いでは、小アルカナの56枚を含めた78枚で占うことにより、展開されるタロットカードにメリハリが生じ、より読みやすくなります。 小アルカナに対して苦手意識がある人は、小アルカナが含まれると解釈ができなくなると言いますが、コツを掴めば格段にタロット占いの解釈のレベルが高くなるのがこの小アルカナになります。 抽象的な意味合いが多かった大アルカナに対し、小アルカナは日常の出来事などを表すため、考え方が理解できればすぐに小アルカナを取り入れてタロット占いをすることができるようになります。


タロット占いの小アルカナの意味と解釈

タロット占いの小アルカナの全体像

タロット占いの小アルカナの全体像

タロット占いにおける大アルカナの全体像は、人が生まれてから神になるという壮大な背景がありました。 それに対し、小アルカナの全体像は、それぞれのスートに合せた状況の始まりから、達成までと言う背景を持つのが基本になります。 小アルカナの「A(エース)」で「事」が始まり、「10」でそのことが完結するという一連の背景があります。 その間に起こる様々な出来事が「2~9」であり、場合によっては「10」で完結した後、また新しい「A」が始まるという基本背景を考慮します。


タロット占いにおける大アルカナは人生の大事な分岐点を表すと解説してきましたが、タロット占いにおける小アルカナでは、「日常の様々な出来事」を表すというのが基本になります。 そのため、大アルカナの示す事象ほど、大きな出来事が起こるわけではなく、普段の生活で考えられるような事象を表すことになります。 小アルカナのタロットカードは、実生活や実体験の出来事や一連の流れと関連させて考えていくことで、理解しやすくなり解釈しやすくもなります。 展開された小アルカナが、質問内容の中で、どのような位置づけになり、どのような事柄を表しているのかを意識するとタロット占いの結果の解釈が具体的なものになっていきます。


▼タロット占いの小アルカナの全体像(ワンド)

ワンドのA
ワンドのA
ワンドの2
ワンドの2
ワンドの9
ワンドの9
ワンドの10
ワンドの10
・物事の序章
・始まったばかり
・先に多くの出来事
・成長過程前期
・目的地に向かって進む
・背景がまだ薄い
・物事の終章
・終わり間近
・これまでに多くの事
・成長過程後期
・目的地への到達
・次のステージへ

タロット占いの小アルカナの全体像
小アルカナの順番の意味と考え方

小アルカナの順番の意味と考え方

タロット占いにおける小アルカナは「A」から始まり、「10」が目的地への到達を表すという背景になります。 タロットカードの順番が若い場合には、まだ背景は希薄であり、その先に多くの出来事が待ち受けているという背景を持つことになります。 タロットカード順番が後ろ場合には、ひと山越える手間に来ていることや、山を越えようとしていること、目的地に到達しようとしている背景を持つことになります。 そのスートの持つ意味合いを背景にし、状況がどのような局面になっているのか、これまでの過程や未来はどのようなものかを考慮することが大事になります。


人の気持ちなどで小アルカナを考えていく際には、若い番号のタロットカードでは、まだ表面的な部分ばかりに目が向いていることを表します。 タロット占いをする際には、今後様々なことが起こり得る事を考慮していくことや、それぞれのスートの意味合いや背景を考慮して、立体的に解釈していきます。 後ろの番号の場合には、それまでの過程を考慮し、経験や考えを元に明確な意思を持っていると解釈していきます。


タロット占いする際に、物事の状況などで小アルカナを考えていく際には、若い番号では、まだまだ始まったばかりであり、その後に様々な出来事が起こる可能性を持つことが分かります。 後ろの番号になると、目的地に到達しようとしていることや、状況がより切迫していること、責任なども重くなっていることなどが現れてきます。 タロット占いの結果としては、その次の段階や、これまでの過程を振り返る必要性などを表してきます。


▼小アルカナの若い番号の考え方

ワンドのA
ワンドのA
カップのA
カップのA
ソードのA
ソードのA
ペンタのA
ペンタのA
・経験が乏しく先の事が分からない
・具体的な根拠や知識がまだ薄い
・表面的な部分を重視していて核心が見えていない
・前に進む事が大事な状況である

▼小アルカナの遅い番号の考え方

ワンドの10
ワンドの10
カップの10
カップの10
ソードの10
ソードの10
ペンタの10
ペンタの10
・多くの経験をして具体的な状況が広がる
・具体的な経験や根拠を踏まえての結論
・本質的な部分を重視していて答えが的確
・次の段階を見据えての対応が必要になる

小アルカナの順番の意味と考え方
タロットの小アルカナが多い場合

タロットの小アルカナが多い場合

フルデッキ78枚でタロット占いをしていく際に、展開されたタロットカードの多くが小アルカナになる場合、未来は予測しやすい状況になる事や、普段の生活の延長になる事を表します。 特別な何かが起こるというよりも、普段の生活を基準にして考えられるような日常的な出来事が訪れるという背景を持つことになります。 タロット占いの結果において、展開されているタロットカードが良い場合には、日々の平和が持続し、安定していくことを表します。 逆に展開されているタロットカードが悪い場合には、不安な日々や安定しない忙しい日々が続くような状況になります。


展開されているタロットカードの小アルカナのスートにより、どのような生活や未来なるのかを知ることができます。 ワンドやカップのスートが多い場合には、平和で楽しくなることを表し、ペンタクルのスートが多い場合には地味ですが安定や仕事などでの充実が期待できます。 ソードのスートが多くなる場合には、問題や障害が多くなることや、不安や悩みが尽きない状況が訪れることを表します。 このような背景を考慮して、未来を予測していくことがタロット占いでの重要な事になります。 小アルカナは大アルカナと比較して、日々の生活に近い側面を持つため、タロットカードの意味などを表す活字の意味合いを重く捉えるよりも、軽く捉えていくことがタロット占いでは大事になります。


タロット占いの結果において、展開されたタロットカードに小アルカナが多く存在する場合、そこを注視して状況や未来を読み解くことが大事になります。 目安としては、タロット占いの結果で7~8割以上が小アルカナになる場合、普段の生活の日々の延長になり、特別な変化が起こらずに時間が進むという背景を考慮してタロットカードの意味を解釈をしていきます。


▼タロットの小アルカナが多い場合

カップの3
カップの3
ペンタクルの9
ペンタクルの9
ワンドの6
ワンドの6

タロットの小アルカナが多い場合
タロットの小アルカナが少ない場合

タロットの小アルカナが少ない場合

78枚フルデッキでのタロット占いをする際に、展開されたタロットカードの中に、小アルカナが少ない場合や全く出ない場合があります。 この場合、必然的に大アルカナのタロットカードが大部分を占めることになります。 タロット占いの結果がこのような際には、日常の生活が一転し、人生の大事な節目を迎えるという事を意味しています。 これまでの流れが大きく動き、予想外の出来事が多くなることや、人生を左右する出来事が到来することをタロットカードが暗示します。


タロット占いの結果において、小アルカナが全く出現してこない場合には、人生の大きな転機を迎えることを示します。 タロット占いの結果が良い結果であれば、幸せな人生への転機を迎えることを示し、悪い結果では、転落する人生の到来を迎えることを示します。 小アルカナが少し混じる場合、そのスートの意味合いが強調され、その方面での人生の転機をタロットカードが示すことになります。


▼タロットの小アルカナが少ない場合

01.魔術師
魔術師
06.恋人
恋人
02.女教皇
女教皇
10.運命の輪
運命の輪
02.C2
カップの2
20.審判
審判

タロットの小アルカナが少ない場合
小アルカナのAから10への流れ

小アルカナのAから10への流れ

タロット占いの大アルカナでは、22枚のタロットカードでのつながりや流れがありましたが、小アルカナではA~10までの中でのつながりがあり背景を持つことになります。 小アルカナのそれぞれのスートにおいで、その舞台背景が変わり、それぞれのスートに合わせての一連の流れがあります。 このスートの背景とA~10への流れを把握しておくことで、小アルカナの解釈がしやすくなるかが大きく変わります。 タロット占いにおける小アルカナは枚数が56枚と多くなりますが、各スートごとの背景と、A~10への流れを把握することで、非常に分かりやすく身近なものになります。


小アルカナのAから10への流れは、事が始まり完結するまでの流れになり、この点は大アルカナの流れと同じように考えて行きます。 Aから始まった後は、道中に様々な出来事があり、それを乗り越えて10に至るという流れで考えます。 タロット占いをする際に、目の前に展開されたタロットカードがこの中のどのスートであり、どの数字かに注目することが大事になります。


このように考えることで、タロット占いの結果における個々のタロットカードが、全体でのどのような状態にあるのか、前後にどのような背景を持つのかが見えてくることになります。 質問内容に合わせて、展開されたタロットカードがその人にとってどのような状況を表しているのかをイメージしていくことで、タロット占いの結果において小アルカナを自在に解釈できるようになります。


▼小アルカナのAから10への流れ

ワンドのA
ワンドのA
ワンドの5
ワンドの5
ワンドの10
ワンドの10
カップのA
カップのA
カップの5
カップの5
カップの10
カップの10
ソードのA
ソードのA
ソードの5
ソードの5
ソードの10
ソードの10
ペンタのA
ペンタクルのA
ペンタの5
ペンタクルの5
ペンタの10
ペンタクルの10

小アルカナのAから10への流れ
きつねのタロット占い
誰でもわかるタロット占い

誰でもわかるタロット占い

タロット占いとは、78枚のタロットカードを用いて未来や目に見えないものを読み解く占いになります。 タロットカードと、その場の気の流れから未来に起こるであろう状況を読み解くことや、相手の気持ちや深層心理を知ることができます。 質問内容に対して、展開されたタロットカードから答えやアドバイスを受け取るというのがタロット占いの基本的な考え方になります。 大アルカナの22枚のみで行うタロット占いや、小アルカナ56枚のみで行うタロット占いなどもあります。 タロットカードのデッキによっては、78枚ではない場合や大アルカナや小アルカナの構成や名称が一部異なる場合もあります。

タロット占いは78枚のタロットカードをシャッフルし、カットなどをしながら準備を整えて行きます。 タロットで知りたい事や悩み事などを明確にし、準備されたタロットカードを型に合せて展開していきます。 展開されたタロットカードが質問への答えになり、タロットカードの絵柄や色合いなどを手掛かりに具体的な結果や未来を解き明かしていきます。 タロット占いの仕方には実に様々な手法がありますが、どの手法においても、タロットカードの解釈が適切に出来るかどうかが最終的には大事になります。 色々な手法を実際に試しながら、自然と馴染むタロット占いの仕方を採用していけると良いでしょう。

タロットカードの意味の基本は、タロットカードに描かれている絵柄を元に活字に起こしているものになります。 本来のタロットカードの意味というものは、描かれている絵柄そのものにあることを忘れないようにしてください。 その絵が表現していること、意図していることや色合い、タロットカードの数字や名前などに意味やヒントが隠されていることもあります。 タロットカードの意味に関しては、活字を覚えるだけにならないように気を付けましょう。 また、タロットカードの意味に関しては、占い師や本によって実に様々なものがあります。 絵画を見る人によってさまざまな印象や好みがあるように、解釈する際の意味の取り方や考え方が異なるからになります。 自分自身がタロットカードからどのような印象を受け取るのかを大事にしてみましょう。

タロットカードの解釈の仕方は、簡単なようで非常に難しい内容となります。 慣れるまでは展開されたタロットカード全体がどのような印象になるのかを大事にし、個々のタロットカードの印象を合せて解釈してください。 活字によるタロットカードの意味に関しては、解釈の参考にすることはできますが、そこにとらわれ過ぎないことが大事になります。 単調な活字ではなく、タロットカードの絵柄や活字から、質問内容や未来、人の深層心理をイメージ化していくことが大事になります。 実際にタロットカードの解釈を何度も繰り返し行うことにより、タロットカードの解釈の仕方が理解でき、身に付くものになります。 実際に経験して繰り返していかないことには上達しない部分になります。

大アルカナのタロットカードは22枚になり、0:愚者、1:魔術師~20:審判、21:世界という順に並んでいます。 大アルカナの基本的な考え方は、人生においての大事な節目を表しているという事や、壮大なストーリーが背景にあるという点が大事になります。 大アルカナの一連の流れを適切に捉えておく事、タロットカードの解釈などに反映していくことでより深い解釈ができ、詳細な未来が予知できるようになります。 小アルカナと併せ、78枚のタロットカードで占う際には、この大アルカナの出現に関しては注視しておくようにしましょう。 大アルカナは小アルカナと違い、全てのタロットカードで名称が変わりますので、名称や順番についてはしっかりと把握しておきましょう。

小アルカナのタロットカードは56枚になり、ワンド・カップ・ソード・ペンタクルの4つのスート各14枚から構成されています。 また、各スートは、Aから10までの10枚の数字のカードと、王・女王・騎士・王子の4枚の系14枚の構成になります。 小アルカナは普段の日常の出来事などを表し、スートそれぞれに意味する内容や背景が異なるものとなります。 大アルカナと併せて78枚のタロットカードで占うことで、人生の節目か日常的なことか、どのような背景があるのかを詳細に占うことができるようになります。 小アルカナは56枚と枚数は多くなりますが、大アルカナがある程度理解でき、各スートや構成の考え方が分かれば、理解しやすい内容でもあります。

タロット占いの未来に関しては、一般的には3ヶ月くらい先を表しているという解釈の仕方があります。 長くても半年~1年くらいという未来を見ることができるのがタロット占いになりますが、場合によっては数年後や将来の事、人生全般のことを占うことなどもできます。 期間が長くなれば長くなるほど、タロットカードに現れてくることが抽象的になることや、全体的な背景などが希薄になってしまうこともあります。 しかし、占い焦点を明確にして占うことができれば、人生が幸せなものになるのか、結婚できるのか、子供を授かれるのかなど長期的な内容でも的確に占うことはできます。 長期的な未来をタロット占いで占う際には、頻度が多くならないように気を付けてください。

誰でもわかるタロット占い

.